トリニティから発売されたカギ型のLightningケーブル『Bluelounge Kii』を購入してみました。

外出時にiPhoneを充電しようとして、ケーブルが無いことに気付いて途方に暮れた、という経験はないでしょうか。

PCのUSBポートやモバイルバッテリーが目の前にあっても、ケーブルがないことにはどうしようもありません。

とくにLightnigケーブルはスペアを用意している人が少なく、どこにでも転がっているという訳ではありません。

ケーブル忘れによるそのような失敗・心配を無くしてくれるのが、この『Bluelounge Kii』です。

まずはプロモーション動画をどうぞ。

iPhoneをはじめとするLightningコネクタ対応デバイスの充電・同期を行えるベリー・ショートなLightning-USBケーブルで、カギのような形をしています。

bluelounge_kii_lightning_short_cable_1

アップルによる「Made for iPod・iPhone・iPad」(MFi認証)を取得しているので、将来的にも互換性が保証されています。

bluelounge_kii_lightning_short_cable_2

パッケージには、ケーブルとキャップに加え、キーリングとゴム製のタグ(飾り)が付属。

bluelounge_kii_lightning_short_cable_3

キャップの部分は金属製で、本物のカギのような質感です。

bluelounge_kii_lightning_short_cable_4

キャップの裏面にスライド式のロックがあり、それを上(穴の方向)に引っぱりながら、Lighitningケーブルの抜き差しを行います。

このロック機構があるおかげで、抜け落ちて紛失してしまう心配がいりません。

bluelounge_kii_lightning_short_cable_5

使用しないときは、キャップによってLightningコネクタが保護されているので、多少手荒に扱っても大丈夫そうです。

bluelounge_kii_lightning_short_cable_6

モバイルバッテリーでiPhone 5を充電しているところ。もちろんiPhone 5c・5sにも対応しています。

ケーブルが短いので、とくに大きいバッテリーで充電しながら使用するのには向かないかもしれません。

bluelounge_kii_lightning_short_cable_7

Mac・PCのUSBポートに接続して、同期や充電を行うこともできます。

bluelounge_kii_lightning_short_cable_8

必要最低限の長さしかないため、USBポートが後ろにあるデスクトップPCなどで利用し辛いケースもあります。

よってメインのケーブルとして使うのではなく、あくまで「予備」として常に携帯しておくという使い方をお勧めします。

下のようにキーチェーンに追加しておけば、ケーブルが無くて困る、または忘れてしまうという心配から解放されます。

bluelounge_kii_lightning_short_cable_9

デザイン性がウリの製品ということもあり、価格は4,980円とケーブルとしてはかなり高めに設定されています。

実用的なファッションアイテムと考えれば、なかなか面白い一品ではないでしょうか。

iPhone 5・5c・5sユーザーへのプレゼントとしても喜ばれそうです。

【追記】上記Lightningコネクタ版に加え、Dockコネクタ版(30pin)も発売されました(2,480円・ブラックのみ)。