ソニーが、スマートフォンの背面に取り付けるカメラレンズを発売すると報じられています。

ソニー製カメラの情報を扱うサイト・SonyAlphaRumorsによると、この製品は「Lens-camera (レンズカメラ)」と呼ばれ、

  • スマートフォンの背面に取り付けて使用
  • レンズ・イメージセンサー・(micro?)SDカードスロットを内蔵
  • Wi-FiまたはNFCで接続
  • スマホの画面をファインダーとして使用

という、全く新しいジャンルのカメラのようです。

発売されるのは、

  • DSC-QX10:DSC-RX100M2のセンサーとカール ツァイスレンズを搭載
  • DSC-QX100: 10倍ズームと1/2.3インチ18MP CMOSセンサーを搭載

の2つのモデルとされ、コンパクトデジタルカメラとしてもハイエンドのスペックで、AndroidおよびiOSに対応する予定とのこと。

sony_lens_camera_rumor_1

スマーフォンに内蔵されているカメラ画質が向上したことで、(コンパクト)デジタルカメラの販売が低迷しているそうです。

メーカー各社は、Wi-FiやNFCでスマーフォンに接続できるデジタルカメラを増やすなどの対応をしているようですが、この製品はさらに一歩踏み込んだ「スマホ対策」といえるかもしれません。

sony_lens_camera_rumor_2

情報元のSonyAlphaRumorsでは、噂の信憑性を5段階に分類する面白い評価制度を採用。

今回の記事は、最も信憑性の高い「SR5 (ほぼ確実!)」に分類されており、発売されるのは間違いなさそうです。

9月4日に発表との情報もあり、今後の情報に注目したいところです。