auの公式サイトで、未発表の製品である「iPhone 5S」の記述がみつかったようです。

iをありがとうによると、「iPhone 5S」の記述は、auのiPhone製品ページのソースコード(HTML)に含まれていたとのこと(上の画像はイメージ)。

問題の箇所は「iPhone 5」というロゴの部分で、

au_iphone5s_source_code_1

ソースをみると、確かに「iPhone5S」とあります。

この件が指摘されてから約3時間後に修正が入り、現在は「iPhone 5」へと変更されています。

修正前サイトは魚拓で確認することができます。

au_iphone5s_source_code_2

「iPhone 5S」という名称はあくまで仮称であり、アップルから正式に発表するまでは確定していないことは言うまでもありません。

今回の件は、auが正式名称を事前にリークしてしまったとも受け取れますし、単に仮の名前を使っただけという可能性も考えられます。

公式Webサイトで手違いによるリークをしてしまうことは珍しくなく、過去には本家アップルによる事例もあります。

【関連記事】次期iPhoneの名称はやはり「iPhone 5」〜アップル本家のサイトからリーク