連日お伝えしているiPhoneの廉価版「iPhone Lite(仮称)」のカラーバリエーションに、今度は青色が加わったようです。

これまでよりも画質が向上したようにもみえる画像には、「レッド(ピンク)」「イエロー」「ホワイト」「グリーン」に加え、新色(?)の「ブルー」のバックパネルが写っています。

iphone_lite_blue_leak_1

ホワイトのリークに始まり、グリーン、そしてイエロー・ビンクと続き、今回のブルーを合わせると全部で5色となります。

あえて情報を小出しにしているのかは不明ですが、さらに増えるとすれば、ブラック・パープル・(PRODUCT) RED、ぐらいでしょうか。

これまでモノトーンできたiPhoneにカラーバリエーションが加わり、しかも価格を抑えたモデルとなると、どこか「iMac G3」と重なるような気がしないでもありません。

おそらく実際に発売される時には、アップルが得意とするとても印象に残るCMが製作されるのではないでしょうか。

【関連記事】「iMac G3」のような廉価版iPhoneのコンセプト画像