icon
icon
screenshot

iTunesカードのコードは、数字とアルファベットが混ざった文字列が16桁もあり、入力するが億劫に感じられることがあります。

この無料アプリ『Readeem App Store』は、iPhoneのカメラでコードを読取り、その面倒な入力作業を省いてくれる大変便利なアプリです。

アプリを起動するとチュートリアルが表示されますが、その必要がないほどアプリの使い方はシンプルです。

iTunes・App Storeのカード裏面のコードを読取り用の青い枠内に納め、シャッターボタンをタップするだけです。

app_util_readeem_1.jpg app_util_readeem_2.jpg

本当に使えるのかどうか、手元にあったカードで試してみました。

app_util_readeem_3.jpg

説明のとおり、青い枠内にコードが大きく収まるようにして撮影。シャッターを押すと、瞬時に認識結果が表示されます。

あとは読取りの間違いがないかざっと確認し、「iTunes Card/コードを使う」か「コードをコピー」をタップします。

app_util_readeem_4.jpg app_util_readeem_5.jpg

「コードを使う」をタップすると、直接iTunesアプリへコードの入力が行われ、問題がなければ「ありがとうございます」という確認画面を表示。

読取りからiTunesアカウントへのチャージまで、僅か2タップで済んでしまうことになります。

app_util_readeem_6.jpg app_util_readeem_7.jpg

条件を変えて認識の精度をテストしてみたところ、100%ではないものの、非常に高い確率で読み取ってくれます。

なるべく真正面から撮影し、ピントが合うまで待つようにすると、ほぼ一発で成功します。

カメラによるiTunesコードの読取りは、Mac OS向けのiTunesにも実装されていますが、iOSデバイスであれば何時でもどこでも使えるというメリットがあります。

iTunes・App Storeカードをよく購入する方にとっては、必須のアプリといえるかもしれません。

Readeem App Store
ユーティリティ:4.0 MB
価格:無料
対応:iPhone・iPod touch (iPad互換)
開発:Masayuki SATOU