docomo_iphone_rumor_again_0.jpg

NTTドコモが、Android端末の発注数を削減しているとの情報が掲載されています。[source: Macお宝鑑定団

ソースの記事は、iPhoneの次期モデル「iPhone 5S(仮称)」の生産開始に関するものですが、その中に非常に興味深い文面があります。

… NTTドコモが、2013年秋冬モデルのAndroid端末の発注数を減らしているようで、ライバル携帯電話会社は、この動きを、NTTドコモがiPhoneを扱うのではないかと予測しているようです…

スマートフォンへのシフトが急速に進む中、大手3社の中で唯一iPhoneを扱わないドコモにとって、Android端末が主力商品であることは間違いありません。

このことは、2013年春モデルがAndroid端末一色となっていることから伺えます。

docomo_iphone_rumor_again_1.jpg

ドコモがiPhoneの販売を開始すれば、既存の顧客による買換えや他のキャリアから流入により、Android端末の需要が減ることは容易に想像できます。

もちろん、ドコモがAndroid端末の(メーカーへの)発注数を減らす理由としては、

  • スマートフォンへの移行が一段落する
  • 顧客流出による需要の低下

といったことも考えられ、必ずしもiPhone導入とはならない可能性もあります。

一方で、これが真実だとすれば、夏頃に発表されると噂のiPhoneの次期モデル「iPhone 5S」とタイミングを合わせてくる、と予想することもできます。

「ドコモ版iPhone」の噂は聞き飽きたという感が否めませんが、ひょっとするとひょっとするかもしれません。