ios61_iphone4s_issue_0.jpg

アップルが先日公開したソフトウェア・アップデート「iOS 6.1」を、iPhone 4Sにインストールすると3G回線への接続に問題が発生する場合があるようです。[source: AppleInsider

先月29日に公開された「iOS 6.1」は、LTEのキャリアや広告識別子の削除ボタンの追加、バグの修正などが含まれる、特に大きな変更は加えれていないとされています。

【関連記事】アップル、ソフトウェア・アップデート「iOS 6.1」を公開

マイナーなアップデートのため、適用することで不具合が発生する可能性は低いとみられていましたが、数々の問題が発生しているとの報告があります。

なかでも、iPhone 4Sで3G回線の利用に問題が発生する件が注目されており、英ボーダーフォンは、自社のサポートサイトで4Sユーザーに対して「iOS 6.1」を適用しないように注意を呼びかけています。

ios61_iphone4s_issue_1.jpg

訳文:私たち(ボーダーフォンのサポートチーム)は、iOS 6.1にアップグレードしたiPhone 4Sで3Gのパフォーマンスに問題が発生していることを認識しています。
ユーザーの中には、時折ネットワークへの接続・通話の発着信・メッセージなどに問題が発生することがあるかもしれません。
アップルが問題を調査中ですが、iPhone 4SユーザーでiOS 6.1へアップデートしていない方は、問題が解決されるまで適用を見送ることを推奨します。

海外に限らず、同様の問題は国内でも発生しているとの報告もあるようです。

【リンク】Apple サポート コミュニティ

アップルは既にiOS 6.1.1の準備を始めており、この問題への修正を追加して、近日中に公開されるかもしれません。

【関連記事】日本の地図を大幅に改良〜アップルが「iOS 6.1.1ベータ」を開発者向けに配信