GILD design(ギルドデザイン)のイヤフォンジャックカバー『GILD design Earphone Jack Cover』を購入、試してみました。

この製品は、使用していないイヤフォン・ジャックをカバーし、ホコリや水などの侵入を防ぐというアクセサリーです。

樹脂製の同じようなカバーは他にもありますが、この製品はアルミ(ジュラルミンA2017)を削り出して作られており、精密かつ強度が確保されているのが特徴です。

gild_design_earphone_jack_cover_1.jpg

カラーは全12色あり、表面はアルマイト加工(陽極酸化処理)が施されています(写真はグレー)

アルマイト加工はキズ・摩耗による色落ちに強く、また発色が美しいのが特徴です。

プラグ部分にはゴム製の「Oリング」があり、ピッタリとイヤフォンジャックにフィット。適度な抵抗を生み出して簡単に外れてしまうことを防いでくれます。

gild_design_earphone_jack_cover_2.jpg

iPhone 5に装着したところ。

イヤフォンジャックから突出(はみ出る)部分は約1.7ミリ程度と僅かですが、爪をかけるための「みぞ」が彫られているため、比較的簡単に出し入れが可能。

gild_design_earphone_jack_cover_3.jpg

標準的な3.5ミリ径のイヤフォンジャックならば機種を問わず使用可能。

メーカーによると、長めに作られているため、ジャックの口が斜めになっている機種でも利用できるとのこと。

gild_design_earphone_jack_cover_4.jpg

しかしながら、見た目のことを考えるとジャックの口が平らな、iPhone 4・4S・5、初代iPadなどが相性がよいと思います。

gild_design_earphone_jack_cover_5.jpg

今回は、「グレー」に加えて「レッド」も購入してみました。

gild_design_earphone_jack_cover_6.jpg

あえて本体と異なる色を選ぶと、アクセントになってよいかもしれません。

gild_design_earphone_jack_cover_7.jpg

下は以前レビューをしたアルミ製のホームボタンシールと組み合わせたところ。

【レビュー】人気の高級アルミ製ホームボタン・シールの新色『Aluminum home button for iPhone & iPad [RSG] 』

gild_design_earphone_jack_cover_8.jpg

突出した部分の直径は6.0ミリ。

イヤフォン周りがタイトに作られたケースでない限り、干渉することなく併用できるはずです。

下はパワーサポートのハードケースと組み合わせたところ。

【レビュー】iPhone 5の側面をすべて保護するハードケースの本命『エアージャケット®セット for iPhone 5』

gild_design_earphone_jack_cover_9.jpg

こちらはアルミ製のバンパーとの組み合わせ。

【レビュー】3次元曲線が美しいアルミバンパー『CLEAVE ALUMINUM BUMPER for iPhone 5』

gild_design_earphone_jack_cover_12.jpg

また別のアルミ製バンパーでは、突出部分とケースがほぼフラットになりました。

【レビュー】手に馴染むデザインのiPhone 5用アルミ製バンパー『SWORD5』

gild_design_earphone_jack_cover_13.jpg

価格は各630円(税込)。

樹脂製のイヤフォンジャックカバーは、雑に扱うと中で折れて取り出せなくなったりすることもあるようですが、金属製ならばその心配がありません。

そもそもイヤフォンジャックへのホコリや水の侵入を防ぐ必要があるかは別としても、ドレスアップ用アイテムとしても利用できそうです。