BELKIN社から発売された、充電・同期用ドック『Belkin Charge + Sync Dock for iPhone 5
』を購入、試してみました。

Lightningコネクタ対応のアクセサリーは、年が明けてから徐々に種類が増えてきた感がありますが、アップルの認証を受けた「正規品」はまだまだ少ないの現状です。

なかでも充電・同期用ドックは正規品がほとんど出回っておらず、現時点で直ぐに入手できるのは今回購入した『Belkin Charge + Sync Dock for iPhone 5
』くらいかもしれません。

製品の主な特徴は次のとおり:

  • Lightningコネクタを採用
  • アップルの「Made for iPhone・iPod」を取得済
  • 厚みのあるケースでも利用可能
  • 安定感のある筐体
  • iPhone 5・第5世代iPod touch・第7世代iPod nanoに対応

belkin_charge_sync_dock_iphone5_1.jpg

パッケージの内容はドック本体のみ。

ドックとUSBケーブルは直付けされています。

見た目は高級感がありますが、ドック本体のシルバー部分はアルミではなく樹脂製です。

belkin_charge_sync_dock_iphone5_2.jpg

アップルから部品の供給を受けているのか、Lightningコネクタの端子は純正品と非常によく似ています。

サードパーティ製の「非認証Lightningコネクタ」は、端子の外観が明らかに異なるものがほとんどで、挿し心地に違和感を感じるものさえあります。

正規品であるこのドックでは、そいういった現象はみられませんでした。

belkin_charge_sync_dock_iphone5_3.jpg

底面には、滑り止めおよび安定感を高めるため、ラバー素材のシートがついています。

belkin_charge_sync_dock_iphone5_4.jpg

裸のiPhone 5を挿したところ。

ドックにある程度の重さがあるため、それなりに安定感があります。

しかしながら、小さなLightningコネクタのみで支えられているいため、ドックに挿した状態で操作すると本体へ無理な力がかかる心配があります。

前後に余裕があるため、ある程度までの厚さならケースを付けた状態でも使えそうですが、後述する理由により使えるケースは制限されそうです。

belkin_charge_sync_dock_iphone5_5.jpg

第5世代のiPod touchで試したところ。

belkin_charge_sync_dock_iphone5_6.jpg

使用感はiPhone 5とほぼ同じですが、より薄い筐体のiPod touchでは、コネクタへの負荷がより心配になってきます。

belkin_charge_sync_dock_iphone5_7.jpg

ドックを上からみたところ。

Lightningコネクタは樹脂製の「土台」のようなものから突き出ており、多くのケースではこれが干渉してしまうようです。

土台のサイズは26ミリx6.5ミリほどあり、ケースのコネクタ周囲がこれだけ空いていれば、併用できることになります。

belkin_charge_sync_dock_iphone5_8.jpg

価格は3,490円(税込)。

ケースとの干渉を除けば、認証を受けたコネクタを採用していること、挿すだけで充電・同期ができる利便性、といったメリットもあります。

基本的にケースを使わないという人は、チェックしてみてはいかがでしょうか。