SPIGEN SGPのホームボタン・シール『アルミニウム ホームボタン for iPhone & iPad』を購入してみました。

最近、保護や装飾、または押しやすくするなどの目的で、iOSデバイスのホームボタン用のシールが人気のようです。

様々な種類のホームボタンシールが販売されていますが、今回購入したものは素材にアルミを使った少し珍しい製品です。

ブラック・シルバー(アルミ)・ピンクの3色がセットで販売されています。

ダイヤモンドとレーザーで精密に加工され、樹脂製とは一線を画す高級感があるのが特徴です。

sgp_aluminum_home_button_iphone_ipad_1.jpg

アルミと粘着シートを組み合わせた構造で、厚みは約0.75ミリ。

アルミ部分のみの厚さは約0.45ミリあります。

sgp_aluminum_home_button_iphone_ipad_2.jpg

iPhoneとiPadに対応し、ホームボタンが小さいiPad miniは非対応となっています。

下はiPhone 4Sに貼ってみたところ。

若干ボタンが高くなり、また表面に同心円状の溝が彫られているため、より確実にボタンを押すことができます。

sgp_aluminum_home_button_iphone_ipad_3.jpg

ガラス製プロテクターを貼ったiPhone 5で使用してみたところ。

この種のプロテクターは厚みがあるため、樹脂製のボタンシールが付属していますが、どうもチープにみえてしまうことがあります。

その点このアルミ製ボタンは、溝と淵の部分が光を反射し、金属ならではの高級感が漂います。

sgp_aluminum_home_button_iphone_ipad_5.jpg

第3世代のiPadで使用してみたところ。

若干ながら高さがあることで、ボタンを見つけやすくなるというメリットもあるようです。

sgp_aluminum_home_button_iphone_ipad_4.jpg

一般的な樹脂製のホームボタンシールは、クリックの「カチッ」という感覚が弱くなるような印象を受けますが、このボタンはフィードバックがしっかりと感じられます。

価格はボタンシール3個セットで1,155円(税込)。

このシールを貼ることで反応の悪いホームボタンが直る訳ではありませんが、より確実にボタンを押すことができるようになります。

ガラス製のシートのユーザー、長いネイルの女性は、試してみる価値がありそうです。