new_new_ipad_0.jpg

アップルが10月23日に開催するで、iPad mini(仮称)とは別のiPadが発表される可能性があるようです。[source: 9to5Mac

9to5Macの記事よると、同サイトがiPad miniのもとのされる新しいSKU(商品を識別する最小単位)を入手したとのこと。

コメント欄に暗号のような単語が並んでいますが、「GOOD」「BETTER」「BEST」はストレージ容量、「A」「B」カラーバリエーションと読み取ることができ、よってモデルは「P101」「P103」「P105」「P107」の4種類存在することになります。

new_new_ipad_1.jpg

iPadでは、Wi-FiとCellular(携帯通信)の2つモデルが用意されるのが通例で、これでは2つ余ってしまします。

アップルが現行の新しいiPad(第3世代)をLightningコネクタに変更するとの噂が兼ねてからあり、元記事ではこの残りの2つのモデルがそれにあたるとしています。

iPadのモデルサイクルでは年に一度春頃に新モデルが投入されおり、iPad miniと同時に「新しい・新しいiPad」がリリースされたとしても、性能に大きな変更を伴わないマイナーアップデートになる可能性があります。

これにより、販売台数が伸びるホリデーシーズン前に、アップルの主力製品がLightningコネクタに統一されることになります。

【関連記事】10月23日深夜発表〜「iPad mini」のスペック・発売日の予想まとめ