ipodtouch5th_case_loop_hole_0.jpg

昨日から販売が開始された第5世代iPod touch用の保護ケースに、純正のストラップが使えないものが続出しているそうです。[source: Macお宝鑑定団Blog

2年振りにモデルチェンジされた第5世代iPod touchは、「iPod touch loop」と呼ばれるストラップが付属しています。

ipodtouch5th_case_loop_hole_1.jpg

本体の裏側に、指で押すとポップアップするボタンがあり、そこに取り付けるという仕組みです。

ipodtouch5th_case_loop_hole_3.jpg

しかしながら、現在販売されているケースの中には、穴が開いているにも関わらず、Loopのボタンがケースに埋まってしまい、取り付けることができないものが多数存在するとのこと。

メーカーでは、ウェブサイトでの注意書きや、パッケージへのシール添付などで対応しているようですが、気付かずに購入してしまうユーザーも多いに違いありません。

ipodtouch5th_case_loop_hole_2.jpg

アップルの発表と同時に発売されるアクセサリーは、事前にリークした非公式な図面を元に先行して製造されるのが通例です。

おそらく今回は、iPodシリーズ初のストラップということもあり、図面からはその用途が分からず、とりあえず穴だけ開けておいた、ということが予想されます。

第5世代のiPod touchを購入し、付属の「iPod touch loop」を使う予定の方は、ケースを選ぶ際に対応・非対応をよく確認することをお薦めします。