tim_cook_open_letter_on_map_0.jpg

アップルのCEO/ティム・クックが、iOS 6のマップについての謝罪文を公開しています。[source: Apple

「お客様へ」と題された公開状は、ユーザーへの謝罪ではじまり、アップルの地図への取組みや代替のアプリ紹介も含まれています。以下がその全文です。

お客様へ

Appleは、お客様に最高の体験をお届けする、世界で最高レベルの製品を作ることに取り組み続けています。しかし、先週提供を開始した新しいマップは、自分たちに課したその基準に達することができませんでした。お客様にご迷惑をおかけてしていることに対し、心よりお詫び申し上げます。現在私たちは、マップをより良いものにするために最善を尽くしています。

私たちがマップの提供を始めたのは、iOSの最初のバージョンをリリースした時です。その後、時が経つにつれ、ルート案内、音声の統合、Flyover、ベクターベースの地図といった機能を持つ、より優れたマップをお届けしたいと考えるようになりました。そのためには、新しいバージョンのマップを一から作る必要がありました。

Appleの新しいマップを利用しているiOSデバイスの数はすでに1億台を超えており、その数は毎日増え続けています。新しいマップを搭載したiOSデバイスのユーザーが検索した場所は、わずか一週間あまりで約5億にのぼりました。より多くのお客様にご利用いただくほど、マップはより良いものになります。皆様からお寄せいただいたフィードバックに対し、心よりお礼申し上げます。

私たちがマップの改良に取り組んでいる間、皆様にはApp Storeから「地図マピオン」、「地図 Yahoo!ロコ」などの地図アプリケーションをダウンロードしていただけます。Googleマップのウェブサイトにアクセスして、そのアイコンをホーム画面に作成し、マップを使うこともできます。

Appleは、自分たちの製品を世界で最高のものにすることを常に目指しています。皆様がそのことをAppleに期待していることも、私たちは理解しています。私たちはマップがこの極めて高い水準に達するまで、絶えず努力を続けていきます。

Tim Cook
Apple CEO(最高経営責任者)

アップルがiOS 6から採用をはじめた地図アプリに関しては、その未完成・発展途上ぶりが大きく報道されるだけでなく、グーグルとの契約に関する憶測や、テクノロジーカンパニーとしてのアップルの姿勢、そしてiPhone 5の評価にまでも影響が広がり続けています。

アップルとしては、謝罪文を掲載することでユーザーに理解を求め、事態が沈静化することを期待しているのかもしれません。

ios6_update_with_caution_0.jpg

また、アップルは今回の公開状のリリースと同時に、「iPhone 地図 App」というセクションをiTunes内に開設し、代替のアプリとして下に挙げるアプリを推奨しています。

地図マピオン App Store
ナビゲーション:968 KB
価格:無料
開発:Mapion Co., Ltd.



地図 Yahoo!ロコ App Store
ナビゲーション:4.3 MB
価格:無料
開発:Yahoo Japan Corp.



MapFan for iPhone App Store
ナビゲーション:1534.9 MB
価格:¥2,300
開発:INCREMENT P CORPORATION



いつもNAVI App Store
ナビゲーション:6.6 MB
価格:¥800
開発:ZENRIN DataCom CO.,LTD.



NAVITIME for iPhone (詳細地図で音声案内、乗換ができる経路探索ナビアプリの決定版!) App Store
ナビゲーション:15.4 MB
価格:無料
開発:NAVITIME JAPAN CO.,LTD.