new_9pin_dock_connector_leak_0.jpg

アップルがiPhoneの次期モデル「iPhone 5 (仮称)」に採用する「小型ドックコネクタ」とされる画像が掲載されています。[source: MacRumors

iPhone 5は、これまでに流出したフレームやコネクタ類のパーツなどから、従来の30ピンドック・コネクタを廃止し、小型化されたコネクタへと移行することがほぼ確実とみられています。

下はiPhone 4S(上)とiPhone 5の底の部分を比較した写真(iPhone 5の方が横に大きくみえるのは前に出ているためで、実際は両モデルとも同じ横幅となる予定)。

new_9pin_dock_connector_leak_1.jpg

今回公開された画像(一枚目)によると、新しいドックコネクタはUSBコネクタと比較して約半分程度のサイズになっていることがわかります。

また、小型化に伴いピンの数は現在の30本から9本(8+GND)へと減少。

new_9pin_dock_connector_leak_2.jpg

こちらの写真では、端子につなぐケーブルの穴がみえます。

新しいコネクタ(下)が、ケーブルの直径を一回り大きくした程度しかないことが確認できます。

new_9pin_dock_connector_leak_3.jpg

興味深いのは、端子の裏と表が同じデザインをしているという点。

おそらくこれはケーブルをどちらの方向から挿しても使えるようにするためで、二分の一の確率のはずなのになぜかいつも逆に挿してしまうというイライラを解消してくれそうです。

よって正確にはピンは全部で17本(8 + 8 + 1)あることになりますが、信号のラインとしては9本となっているはずです。

new_9pin_dock_connector_leak_4.jpg

アップルは、長年使い続けてきた30ピンのドックコネクタを廃止し、iPhone 5だけでなくiPadやiPodへもこの新しい小型コネクタを採用するとみられています。

【関連記事】アップル、今秋にiOSデバイスの全モデルを小型ドックコネクタに移行!?