ipad_mini_cable_leak_0.jpg

アップルが年内にも発売すると噂されるiPadの小型版『iPad mini (仮称)』のパーツとされる画像が掲載されています。[soruce: Nowhereelse

問題の画像には、外部コネクタ・ホームボタン・ヘッドフォンジャックなどで構成された一本のフレックス・ケーブルが写っています。

どこにでもありそうなパーツですが、注目されるのは外部コネクタの形状がこれまでに流出したiPhone 5用のものと酷似しているという点。

iPhone 5は、これまでの30ピンのドックコネクタから9ピンの小型版へと移行することがほぼ確実とみられています。

【関連記事】アップル、今秋にiOSデバイスの全モデルを小型ドックコネクタに移行!?

下の画像は、比較のためにiPhone 5用のパーツを画像を合成したもの。

ipad_mini_cable_leak_1.jpg

アップルの新しい小型のドックコネクタは、裏表どちらでも挿すことができる9ピンの端子を採用すると伝えれています。

【関連記事】アップルの新しい小型ドックコネクタの写真が流出!?〜裏表どちらでも挿せる9ピンと判明

しかしながら、この画像のドックコネクタ部分を拡大すると、ピン数は全部で10本あり、1本余計にあるようです。

ipad_mini_cable_leak_2.jpg

iPad miniは、7.85インチの画面、iPod touch並みの薄型ボディとみられています。

また、ベゼル(画面周囲の枠)の幅が左右で細い、iPhoneやiPod touchに近いデザインとなる、という情報もあるようです (image: 9to5Mac )。

ipad_mini_cable_leak_4.jpg

パーツの流出が続き情報が出尽くした感のあるiPhone 5に比べ、iPad miniに関する情報はまだまだこれからのようです。

パーツ類の流出は本格的な生産が始まった後に多くみられることから、iPad miniの発表・発売はiPhone 5と同時ではなく、早くても1・2ヶ月後、クリスマス商戦ギリギリのタイミングとなるかもしれません。