icon
icon
screenshot

世界最大家具販売チェーン・イケアが、iOS向けの『IKEAカタログ
icon
』をアップデートし、2013年版に対応しています。

今回のアップデートでは、最新カタログに対応したほか、インタラクティブなコンテンツや、ARによる印刷版カタログとの連携機能が追加されています。

スウェーデン発祥のイケアは、北欧ならではの質の高いデザイン、効率化による低価格で人気が高く、国内でも2006年より本格的に店舗を(再)展開しています。

伝統的にカタログに力を入れる会社としても知られ、商品を魅力的に撮影した眺めるだけで楽しいカタログを発行しています。

アプリにはコンテンツが含まれておらず、インストール後に国を選択してダウンロードする形式になっています。

サイズは、iPhone版は55MB、iPadでは97MBあり、ダウンロードの途中でも閲覧を始めることができます。

app_lifestyle_ikea_2013_catalog_1.jpg app_lifestyle_ikea_2013_catalog_2.jpg

カタログは印刷版と同じコンテンツがまるごと収録されています。

操作は、ピンチアウト・インによる拡大縮小や、フリックによるページの遷移など標準的なもので、迷わずに使用できるはずです。

app_lifestyle_ikea_2013_catalog_3.jpg app_lifestyle_ikea_2013_catalog_4.jpg

メニューは画面を一度タップして呼び出し。

ページをお気に入りへ追加したり、スワイプによるセクション・ページのジャンプ、キーワードによる検索にも対応。

app_lifestyle_ikea_2013_catalog_5.jpg app_lifestyle_ikea_2013_catalog_6.jpg

iOS向けに電子カタログをリリースして3年目となる今回は、インタラクティブなコンテンツが追加されています。

例えば、ARを使った印刷版のカタログとの連携機能というものもあります。

app_lifestyle_ikea_2013_catalog_7.jpg

AR機能に対応しているカタログページには、右上にスマートフォンのアイコンがあります。

app_lifestyle_ikea_2013_catalog_8.jpg

アプリの「スキャン」機能を選択し、カメラのファインダーでページを覗くと、

app_lifestyle_ikea_2013_catalog_9.jpg

印刷されている写真とは別の画像が合成されて見えたりします。下はキャビネットの中の仕切りの例をチェックできるという例。

この他にも、動画へのリンクなどもあります。

app_lifestyle_ikea_2013_catalog_10.jpg

昨年のアップデートよりユニバーサル化しており、iPadの大画面でカタログを楽しめます。

すでに紙のカタログよりも、iPadの方が見易いのではないでしょうか。

app_lifestyle_ikea_2013_catalog_11.jpg

カタログに掲載されているアイテムは1,000点にものぼり、そのほとんどで価格・材質・サイズが明記されています。

眺めて楽しむのはもちろん、買い物に出掛ける前に欲しい商品を下調べしておくのに重宝するのではないでしょうか。

IKEAカタログ
ライフスタイル:5.9 MB
価格:無料
対応:iPhone・iPod touch (iPad互換)
開発:Inter IKEA Systems B.V.