iface_iphone_case_0.jpg

なめらかな曲線がユニークなiPhone 4・4S用ケース『iFace』を購入、試してみました。

ガラスでサンドイッチをしたようなデザインのiPhone 4・4Sは、見た目には美しいものの、手に持つと角張っている印象を受けます。

ホールド感のみで比較すれば、曲面を描く樹脂製のバックパネルを採用していたiPhone 3G・3Gの方がよかった、と感じるユーザーも少なくないかもしれません。

このケース『iFace』は、ゆるやかな曲線のフォルムを採用し、3G・3GSのような手に馴染むフォルムをしたiPhone 4・4S用のケースです。

iface_iphone_case_8.jpg

ケース本体はクッション性に優れた硬質のウレタン素材、背面には丈夫なポリカーボネートのプレート、という2層構造を採用。

プレートの部分は、今回購入した「ホワイト」の他に、8色のカラーバリエーションがあります。

iface_iphone_case_2.jpg

iPhone 4Sに装着し、横からみたところ。

中央の「ウエスト」部分は、横幅だけでなく厚みもわずかに少なく、立体的な曲面を描いています。

iface_iphone_case_3.jpg

本体上からみたところ。

イヤフォンおよびドックコネクタは、深さがあるためイヤフォンやアクセサリーの形状によっては干渉するかもしれません。

iface_iphone_case_4.jpg

サウンドオン/オフスイッチの穴は小さく、指の太さ、爪の長さによっては届かない場合がありそうです。

音量ボタン・スリープボタンの部分は突起があり、手探りで操作することができます。

iface_iphone_case_5.jpg

カメラの周囲はくり抜かれており、撮影時にケースが写り込むことはありませんが、フラッシュを使った撮影では、反射した光で全体が白っぽくなることがあります。

フラッシュを利用して写真・動画を撮影する場合は、ケースを外すことをおすすめします。

iface_iphone_case_6.jpg

重さは約48gほどあり、サイズがひと回り大きくなる割には、手にしっくりと馴染むホールド感で安定感があります。

また、硬質ウレタンを採用しているため、万が一の落下時にも、対衝撃性を期待できそうです。

iface_iphone_case_7.jpg

多くのiPhone向けケースが「薄く・軽く」を追求するなか、丸みを帯びたデザインでホールド感を重視したという方向性は、評価に値するのではないでしょうか。

背面からだとまったくiPhoneに見えないため、人と違ったケースを使いたいというひとにもおすすめします。

製品名 iFace
販売 Strapya
ショップ Amazon
/ 楽天市場
サイズ・重量 128 x 70 x 14 (mm)、約48 (g)
対応機種 iPhone 4・4S
参考価格 2,980 円 (税込)