ipen_stylus_0.jpg

Kickstarterで、iPadでの手書きを進化させるスタイラス「iPen」が目標出資額に近づき、まもなくプロジェクトが成立する模様です。[source: Kickstarter ]

まずはプロジェクトチームによるピッチを動画でご確認ください。

この製品は、ペン先に導電性の素材を使っただけの一般的なスタイラスと異なり、ペンの位置をより正確に捉えることができる超音波と赤外線で組み合わせた方式を採用。

スタイラスに加え、iPadのドックコネクタに挿す専用のレシーバーが付属します。

アップルの「Made for iPad」の認証も予定されており、安心してドックコネクタに挿すことができそうです。

ipen_stylus_2.jpg

ペン先の太さが、一般的なスタイラス(左)に比べてiPen(右)が細いことは一目瞭然ですが、注目したいのは、画面に触れていなくてもペン先の位置が画面上に「カーソル」として投影され機能が搭載されていること。

これにより、ペンを置く前から接点をピンポイントで確認できます。

ipen_stylus_1.jpg

精度の高いペン位置の認識により、これまで不可能だった細かい文字や正確なラインをかくことができるとのこと。

ipen_stylus_3.jpg

そして、ユーザーにとってもっとも嬉しいのが「Palm Rejection」という、画面に置いた手のひらを入力されてないようにする機能。

普通の紙のように手をついて書くことで、より自然かつ正確なペン先コントロールを可能にします。

ipen_stylus_4.jpg

iOS標準の機能ではないため、アプリ側での対応が課題となりますが、すでに次にあげるアプリが「iPen」への対応を表明。

SketchBook Pro
エンターテインメント:15.5 MB
¥450



GoodNotes 日本語版
仕事効率化:4.0 MB
¥350




ArtRage
エンターテインメント:9.7 MB
¥450



Ghostwriter Notes
仕事効率化:8.9 MB
¥450



My Notebook!
仕事効率化:19.8 MB
¥350



iWriteWords (Handwriting Game)
教育:43.7 MB
¥250

以上の他にも、対応アプリを増やすための交渉が続けられているそうです。

Kickstarterは、製品のアイデアを提示し、それを欲しい人が出資する、という方式で運営されています。

12月7日現在で、出資額のゴールに設定されているUS$35,000の8割を超えており、プロジェクトが成立し、製品化されることは間違いなさそうです。

出資はUS$1から可能で、$79+$15(送料)=$94(約7,300円)以上で、「iPen」を1本を手に入れることができます。

既存のスタイラスに不満を抱えていたひとには、なかなか魅力的なプロジェクトではないでしょうか。

【リンク】Kickstarter – iPen