case_mate_iphone4_4s_tank_case_1.jpg

米Case-Mateから発売されたiPhone 4・4S用ケース『Case-Mate Tank Case』を購入してみました。

先日発表されたばかりのこのケースは、米軍の規格に対応していることや、高精度のケースを製造するメーカーの製品であることだけでなく、その耐衝撃性を実証するデモ動画で話題となったアイテムです。

その動画がこちら。

カラーバリエーションは4種類用意されていますが、米軍規格に対応しているということで、今回は「ミリタリー・グリーン」を選んでみました。

case_mate_iphone4_4s_tank_case_0.jpg

パッケージには、ケース本体とベルトクリップ付きのホルスター(写真奥)が付属します。

中央にあるのは、画面を保護する開閉式のシャッターです。

case_mate_iphone4_4s_tank_case_2.jpg

ケースの本体は厚みのある硬い樹脂製で、表面にわずかな凹凸があり、滑りにくく手触りもよい感じです。

本体内部には、シリコン製のライナー(オレンジの部分)があり、iPhoneの上端と下端をすっぽりと覆う仕組みになっています。

case_mate_iphone4_4s_tank_case_3.jpg

下側のピースをはめて上からみたところ。

iPhoneの下の部分をシリコンがぐるりと囲んで密着。ケース内でガタつくことはありません。

case_mate_iphone4_4s_tank_case_4.jpg

上下のピースは「パチン」とはまり、簡単には外れそうにありません。

case_mate_iphone4_4s_tank_case_5.jpg

iPhone 4Sに装着したところ。iPhone 4にも対応しています。

ボタン、スイッチ類へのアクセスも考えられており、通常の使用・通話に支障はなさそうです。

case_mate_iphone4_4s_tank_case_6.jpg

カメラの周囲は大きく開口しており、ケースが写真に映り込む心配はありません。

また、黒のリングで周囲を囲んであるのは、おそらフラッシュの反射も最小限にするためと思われます。

中央にあるスライダーは、このケースのもうひとつの特徴でもある「シャッター」の開閉用です。

case_mate_iphone4_4s_tank_case_7.jpg

シャッターはスムーズに開閉することができ、使わないときは閉じておくことで、カバンの中や落下の際の画面へのダメージを防いでくれます。

case_mate_iphone4_4s_tank_case_8.jpg

薄型のケースと比べるとゴツさが目立つものの、それほど厚みがなく、スッキリとしたデザインといった印象です。

注意したいのは、厚みはもちろんのこと、横幅が72mmもあり、手が小さい人には大きく感じるかもしれないという点です。

case_mate_iphone4_4s_tank_case_9.jpg

日本ではあまり人気ないものの、海外では利用しているひとをよくみかける「ホルスター」が付属。

かなりガッチリとしています。

case_mate_iphone4_4s_tank_case_10.jpg

メーカーのサイトによると、風や雨のテストも実施したとありますが、スイッチやスピーカー・マイクが露出しているため、防水・防滴の性能は期待しすぎない方がよさそうです。

当サイトで耐衝撃性テストをしたわけではありませんが、胸元くらいからの高さであれば、十分保護してくれそうな頑強な造りです。

スポーツやアウトドアなど、過酷な環境でiPhoneを使用することが多い人に最適なケースではないでしょうか。

製品名 Case-Mate TANK Case
製造 Case-Mate
ショップ アマゾン
/ 楽天市場
サイズ・重量 124 x 72 x 18 (mm)、約59 (g:ホルスター含まず)  
参考価格 5,980 円 (税込)