iphone_bottle_opener_opena_0.jpg

スライド式の栓抜きを内蔵したiPhone 4・4S用ケース『Opena』を購入、試してみました。

以前紹介したことがありますが、『Opena』は新しい製品のアイデアを提示して出資者を募る「Kickstarter」のプロジェクトから生まれたアクセサリーです。

iphone_bottle_opener_opena_1.jpg

一見すると普通のケースのようですが、少し盛り上がった部分にステンレス製の栓抜きが内蔵されています。

ケース部分の樹脂は通常のものよりも厚みがあり、かなりしっかりとした造りです。

iphone_bottle_opener_opena_2.jpg

ケースの内側からみたところ。

ステンレスのプレートとiPhoneの背面にわずかな隙間ができるように設計されており、直接触れたり、キズが付くことはありません。

iphone_bottle_opener_opena_3.jpg

iPhone 4Sに装着してみたところ。

サウンド・オン/オフのスイッチは広めに開いているので、iPhone 4・4Sのどちらでも使用できます。

このケースによる電波の受信レベルの低下は確認できませんでしたが、金属のプレートがあることで、なんらかの影響はありそうです。

iphone_bottle_opener_opena_4.jpg

上からみたところ。

スリープボタンやヘッドフォン、カメラとフラッシュも通常どおり使うことができます。

iphone_bottle_opener_opena_5.jpg

ステンレス・プレートに開いている穴は、栓抜きをスライドさせて出す際に指をかけるところ。

また同時に、アップルマークを見せるという、デザイン上の役割も持たせています。

iphone_bottle_opener_opena_6.jpg

栓抜きを出したところ。

金属のプレートをスライドするだけの簡単な構造ですが、必要のないときに勝手に飛び出さないように作られています。

iphone_bottle_opener_opena_7.jpg

ステンレスのプレートは十分な厚みがあり、よほど無理な栓の抜き方をしないかぎり、曲がることはないようと思います。

iphone_bottle_opener_opena_8.jpg

コロナの瓶で試したところ、軽く力を入れるだけで開けることができました。

開け方のバリエーションは、メーカーによるデモ動画でご確認ください。

開封時に中身が吹き出すとiPhoneにかかる恐れがあるので、少しゆっくと開けた方がよいでしょう。

栓抜きおよびケースがかなりしっかりとした造りなので、iPhone自体に無理な負荷がかかることはないと思います。

造りがしっかりし過ぎて、ケースを外すのにかなり力が必要だったのは予想外でした。

iphone_bottle_opener_opena_9.jpg

現在のところ国内では販売されておらず、オーストラリアから取り寄せる必要があります。【追記:国内販売が開始されました】

国内では缶ビールが主流になりつつありますが、瓶ビール派にとっては、栓抜きを探す手間を省いてくれる便利なケースかもしれません。

製品名 Opena
販売 スペックコンピュータ株式会社
サイズ・重量 62 x 119 x 14 (mm)、63 (g)
ショップ アマゾン
/ 楽天市場 / スペックダイレクト
参考価格 4,480円