iphone4_apple_log_glow_0.jpg

MacBookのようにAppleロゴが光る改造を施したiPhone 4が紹介されていました。[source: Cult of Mac]

イギリスにあるサードパーティのiPhone修理サイトiPatchによるもので、シルバーのアップルロゴが明るく点灯しているのが画像からもわかります。

バックパネルごと取り替える改造のようで、解説によると、

  • iPhoneの液晶と同時に点灯・消灯
  • 液晶画面の明るさと同期して明るさ変化
  • iPhoneの使用時間(バッテリーの消耗)にほとんど影響なし
  • iPhoneの厚さに変化なし
  • ホワイト・ブラックどちらでも可能

といった特徴があるようです。

もちろん、このような改造を行えば、Appleの補償が受けられなくなくのはいうまでもありません。

iphone4_apple_log_glow_1.jpg

公開されている画像があまり高画質でないのが残念ですが、なかなかカッコイイよくみえます。暗い場所では結構目立ちそうですね。

わずかとはいえ、モバイルデバイスにとって貴重なバッテリーを使ってしまうあたり、意見が別れるところかもしれません。

現在は検証段階で、10月中旬に50〜100ポンド(約6,100〜12,200円)で提供を開始する予定とのこと。

「フランチャイズキット」も用意される予定とあり、将来、国内のサードパーティー修理業者からも提供されるかもしれません。