アップル界の虚構新聞ことScoopertinoによると、アップルが「iToke」という新製品を発表したようです。[source: Scoopertino ]

記事によると、この新製品は「葉っぱ」を吸引 (toke)するためのパイプ状のもので、Mac/PCのUSB端子に接続して内蔵のバッテリーを充電。

内蔵のコイルで点火し、USB端子から直接吸い込むようです。

itoke_0.jpg

アップルは同時に、iToke専用の「iWeed」も発売。

ペーパーレスのスティックを10本をパックにしたもので、iTokeに完璧にフィットするとのこと。

itoke_1.jpg

内部情報によると、アップルのエンジニアは「iToke」のテストに、これまでのどの製品よりも時間を費やしたようで、通例では夏に発売されていたはずの「iPhone 5」のリリースが遅れている原因のひとつ、とされています。

また、記事では触れられていませんが、スクリーンショット上のメニューによると、この新製品の発売にあたり、「iPot」という製品カテゴリーも追加されたようです。

【関連記事】