power_generating_pan_0.jpg

株式会社TESニューエナジーが、お湯を沸かしながらiPhoneなどの充電ができる「発電鍋」という製品を発売しています。


鍋の底に組み込んだ「熱電モジュール」で発電してUSB給電を行い、たき火やガスなどで料理をしながら同時に充電もできるという、まさに一石二鳥の製品です。

熱発電」は、温度差が電圧に変換される「ゼーベック効果」を応用したもので、産業用の廃熱利用や腕時計などでも実用化されているようです。

power_generating_pan_3.jpg

この「発電鍋」のスペックによると、出力はDC 5V・最大電流が400mA(沸騰時は200〜250mA)程度あるようです。

iPhoneの充電には心許ない気もしますが、スマートフォンを3時間〜5時間で充電できるとされています。

power_generating_pan_2.jpg

天候に左右されるソーラーと異なり、燃やすものさえされば充電できるので、災害・緊急時・キャンプなどで活躍しそうです。

価格は24,150円(税込)と少々お高い印象ですが、量産が進めばもっとリーズナブルになるかもしれません。

【リンク】発電鍋 – ヒートチャージャー HC-5