opena_iphone_0.jpg

スライド式の栓抜きを内蔵したiPhone 4用ケース「Opena」を開発するプロジェクトが、Kickstarterで出資を募っています。[source: Kickstarter ]

ペットボトルに押され、国内では瓶入りの飲料を滅多にみることが無くなりましたが、海外では未だ需要があるようです。

そのため、いつも持ち歩くiPhoneに栓抜きの機能を付けるというアイデアは以前からあり、既に商品化されたものもあります。

この「Opena」の特徴は、栓抜きをスライド式にすることで、デザインがスッキリとしていること。

opena_iphone_1.jpg

そして厚みが最小限に抑えられていることです。

背面のカーブにより、裸のiPhone 4よりも持ちやすいかもしれません。

opena_iphone_4.jpg

既にプロトタイプによる、強度やiPhoneへの影響などのテストは行われ、資金が集まれば製造を開始できるレベルまで達しているようです。

opena_iphone_2.jpg

Kickstarterは、製品のアイデアを提示し、それを欲しい人が出資する、という方式で運営されています。

このプロジェクトへの出資は、目標とする$15,000の5割を既に超えており、プロジェクトが成立する可能性が高いようです。

このプロジェクトへの出資は$1から可能で、US$30(約2,400円)でひとつ、US$50(約4,000円)で2つを受け取ることができます。(日本へは送料US$10が必要)

opena_iphone_3.jpg

紹介ビデオをみると、なかなか使い勝手がよさそうです。

めったに栓抜きを使うことがなくても、物欲を刺激されるアイテムかもしれません。

【リンク】Kickstarter – Opena