glif_iphone4_0.jpg

iPhone 4/4Sに装着し、三脚にマウントできるアタッチメント『glif for iPhone 4』を購入してみました。

この製品は、製品のアイデアを公開し、購入を希望する一般ユーザーから資金を調達して開発・製造を行う「Kickstarter」から生まれたアクセサリーです。

まず開発者による動画をどうぞ(音量注意)。

パッケージは一枚のボール紙とプラスチック・バッグだけというシンプルなもの。

過剰なパッケージはゴミを増やすだけなので、このような簡易包装には賛成です。

本体はゴムとプラスチックの中間のような素材で、多少の柔軟性があります。

若干「バリ」が目立つ気がしますが、メイド・イン・USAのご愛嬌でしょうか。

glif_iphone4_1.jpg

シンプルな構造ながら、一つでスタンドと三脚マウントの二役をこなします。

まずはヨコ置きのスタンドとして。

デスクにおいて動画をみる時などに便利です。

glif_iphone4_2.jpg

そしてタテ置き。

glif for iPhone 4』は、ボタンやカメラに干渉せず、バランスさえ取れれば、iPhoneのどこにでも自由に付けることができます。

glif_iphone4_3.jpg

そしてiPhoneユーザーにとって待望の機能が、この三脚へのマウント。

glif_iphone4_4.jpg

タテ撮り、ヨコ撮りのどちらでも使用することができます。

iPhoneをしっかりとはめ込むとグラつくことはありませんが、上の動画に出てくる「逆さ吊り」は止めた方がよさそうです。

glif_iphone4_5.jpg

これまで、iPhoneを三脚にマウントする際は、定番の『携帯電話用 三脚固定ホルダー
』(写真奥)を使用していましたが、着脱が簡単でスタンドにもなる『glif for iPhone 4』を多く活用することになりそうです。

glif_iphone4_6.jpg

デザインがシンプルかつコンパクトなので、小さな三脚と合わせてカバンに忍ばせておけば、iPhoneの固定に困らなくなります。

iPhoneで写真を撮る機会の多い人や、コンパクトなスタンドが欲しい方におすすめします。

製品名 glif for iPhone 4
販売元 スペックコンピュータ株式会社
ショップ アマゾン
サイズ・重量 78 x 18 x 15 (mm)、9 (g) 
購入価格 2,625 円 (税込)