moncarbon_carbon_fiber_iphone4_0.jpg

monCarbone社による、カーボンファイバー素材を使ったiPhone 4/4S用ハードケース『monCarbone Carbon Fiber for iPhone 4/4S』を購入、試してみました。

カーボンファイバー(炭素繊維)は、強靭・軽量というメリットがある一方、加工の難しさなどからコスト高になるというデメリットもあります。

市場に流通している「カーボン」を謳うiPhone向けアクセサリーのほとんどが、実はカーボン素材を模した「カーボン調」であるのはそのためです。

この『monCarbone Carbon Fiber for iPhone 4/4S』は、本体に本物のカーボンファイバーによって強化されたプラスチックを採用し、iPhone 4を保護しつつ、カーボン特有の美しい模様を楽しむことができるケースです。

moncarbon_carbon_fiber_iphone4_1.jpg

ケースは、iPhone 4の背面および側面を保護する、薄型ハードケースのタイプ。

厚さは僅か0.6mm(スペック値)ですが、手で曲げてみると、他のハードケースより明らかに異なる硬さを感じます。

moncarbon_carbon_fiber_iphone4_2.jpg

形状は、このタイプでは標準となりつつある、カメラおよびボリューム・サウンドスイッチの周囲に切込みがあるデザインを採用。

表面に光沢のある『Midnight Black
』と、マットな『Mystery Black
』の2タイプがあり、今回は前者を購入しました。

moncarbon_carbon_fiber_iphone4_3.jpg

ケースの内側にも、カーボンファイバーの模様をみることができます。

メーカーのロゴマークは内側にひとつあるのみで、ケースの外側には一切ありません。

moncarbon_carbon_fiber_iphone4_4.jpg

本体のクローズアップ。

炭素繊維を「平織り」してシート状にしたものを樹脂で固めてあり、角度によって模様の見え方が変化するのが特徴です。

moncarbon_carbon_fiber_iphone4_5.jpg

以前、本物のカーボン素材を採用しつつも「造りが雑」という残念なケースがあったようですが、この製品は細部にまでこだわりが感じられます。

カドの部分をはじめ、エッジの加工もなめらかで、手にひっかかりを感じません。

moncarbon_carbon_fiber_iphone4_6.jpg

本体を下からみたところ。

マイク・スピーカー・ドックコネクタを塞がないデザインです。

moncarbon_carbon_fiber_iphone4_7.jpg

そして下からみたところ。

ケースがヘッドフォン用ジャックのかなり近くまで迫っており、ものによっては干渉する可能性がありそうです。

moncarbon_carbon_fiber_iphone4_8.jpg

サイドからみたところ。

側面を全てカバーしている訳ではなく、ガラス部分の約半分くらいが露出しています。

moncarbon_carbon_fiber_iphone4_9.jpg

よく見ると側面には平織り模様がありませんが、これは電波受信への影響を考慮し、iPhone 4のアンテナがある側面部分にカーボンファイバーを使用していないないのが理由とのこと。

moncarbon_carbon_fiber_iphone4_10.jpg

はたしてiPhoneのケースにカーボン素材が必要か、という議論はさておき、「リアルカーボン」という響き、そしてその外観に惹かれるひとも少なくないはずです。

価格も本物のカーボン製にしてはリーズナブルに設定されており、「カーボン調」では飽き足らない方には、魅力的なアイテムではないでしょうか。

製品名 monCarbone Carbon Fiber for iPhone 4/4S
製造 monCarbone
対応機種 iPhone 4/4S
厚さ・重さ 0.6 (mm)・8 (g) 
ショップ アマゾン
/ 楽天市場
参考価格 5,980円 (税込)
Pocket
LINEで送る

Leave a Reply