iphone_l5remote_0.jpg

iPhone・iPod touchを、カスタマイズ可能な学習リモコンにとして使えるアクセサリー『L5 Remote』を購入、試してみました。

テレビやレコーダーだけではなく、最近では扇風機や温水洗浄便座、さらには電球にまでもと、私たちの身の回りにはリモコンが溢れています。

便利なはずのリモコンも、

  • ボタンがたくさんあって分かりにくい
  • 必要なときにみつからない
  • 大き過ぎ・重過ぎる

など、ストレスの原因になることもあります。

この『L5 Remote
』は、iPhone・iPod touch (iPadも対応)をパワフルで使いやすい「学習リモコン」にし、リモコンに関する様々な問題を解決してくれるアクセサリーです。

「学習リモコン」とは、身の回りのリモコンから出る赤外線信号をセンサーで読みとり、同じ信号を出すことができる、まさに学習できるリモコンを指します。

iphone_l5remote_1.jpg

学習リモコン自体は珍しくありませんが、その多くが「ボタンが多く、大きくて重い」ため、上記のような不満を持っている人には解決方法にはなりません。

L5 Remote
』の特徴は、

  • 小さく軽い(4g)
  • 専用アプリ(無料)で自由にカスタマイズできる
  • シンプルなものから複雑なものまで、複数登録可能

などがあります。

サイズは、幅がドックコネクタより少し広く、厚さはiPhone 4と同じ程度しかありません。

iphone_l5remote_2.jpg

使用する際は、キャップを外し、ドックコネクタに差込むだけ、と至ってシンプル。

iphone_l5remote_3.jpg

ヨコからみたところ。

iPhone 4とほぼ同じ厚みで、画面・背面とフラットになるため、一体感があります。

少し残念なのは、アップル純正のバンパー(レビューはこちら)と干渉すること。他のケース類も、ドックの周囲が大きく開いていないと併用できない可能性があります。

iphone_l5remote_4.jpg

このアクセサリーは、メーカーが無料で配布している『L5 Remote
icon
』というアプリと併せて使用することを前提にしています。

このアプリは、無料にもかかわらず完成度が非常に高く、機能が豊富でパワフルです。

アプリを入れていない状態で挿すと、インストールを即すメッセージが表示されます。

初めて起動する際に、簡単なTVリモコンを設定する「Quick」と一から作る「Custom」の選択をします。はじめは前者を選択しましょう。

iphone_l5remote_5.jpg iphone_l5remote_6.jpg

画面下の歯車アイコンをタップすると、設定モードになり、下のにメニューが表示されます。

リモコンのボタン・位置などを変更する場合は「Design (デザイン)」を選択。

各パーツは自由にレイアウトし、ラベル付けすることができます。

iphone_l5remote_7.jpg iphone_l5remote_8.jpg

ボタンの上に描くアイコンや、ラベルも自由につけられます。もちろん日本語にも対応。

レイアウトを変更するには手間がかかりますが、自分の好きな場所に好きなボタンを置いていく作業は結構楽しく、夢中になってしまいます。

iphone_l5remote_9.jpg iphone_l5remote_10.jpg

Skin」は、ブラック樹脂製をイメージした「default」と金属調の「Silver」の2種類から選択できます。

iphone_l5remote_11.jpg iphone_l5remote_12.jpg

デザインしたリモコンは、それぞれ名前を付けて保存することができます。

登録したリモコンを用途に合わせて切換えて使うことができる訳です。

右はちょと調子に乗って身の回りの家電製品をたくさん登録してみたもの。

iphone_l5remote_13.jpg iphone_l5remote_14.jpg

ボタンのレイアウトが終わったら、いよいよそれぞれにリモコンの信号を学習させていきます。

学習させるには、

  1. メニューで「Assign」モードを選択 
  2. 信号を学習させるボタンを選択
  3. L5 Remote
    』と読込ませたいリモコンを向かい合わせてボタンを押す
  4. “Signal Assigned”がでれば学習が成功
  5. 必要に応じて2〜4を繰り返す

という手順を行います。

また、ひとつのボタンで複数のボタン操作を行う「マクロ」にも対応しており、たとえば、

テレビとレコーダーの電源を入れ、地上波デジタルに切替え、チャンネルを1にする、

といった一連の作業を登録することができます(遅延にも対応)。

iphone_l5remote_15.jpg iphone_l5remote_16.jpg

手元にあるリモコンでいくつか試してみましたが、テレビ・HDDレコーダー・エアコン・照明などは問題なく登録することができました。

想定外だったのが、『Apple TV (第2世代)』のリモコンを認識してくれなかったことです。マクロを組んで一発でApple TVを表示したかったのですが、実現できませんでした。 

【追記】Apple TVのリモコンを利用する方法をこちらを参照してください

iphone_l5remote_0.jpg

学習リモコンで、タッチパネルでレイアウトをカスタマイズできるものは非常に高価なものだったと記憶していますが、この値段で同等・またはそれ以上の機能が使えるというのは嬉しい限りです。

リモコンで操作する家電製品がたくさんある方、増えすぎたリモコンをまとめたいという場合に、重宝するアクセサリーではないでしょうか。

製品名 L5 Remote
販売元 L5 Technology
対応機種 iPhone全機種・iPod touch全機種・iPad
(Made for iPhone・iPod取得)
サイズ・重さ 31 x 21 x 10 (mm)・4 (g) 
ショップ L5 Remote楽天市場
参考価格 5,170円 (税込)