ipad_lego_pixelator_0.jpg

LEGOブロックを使って、iPadの表示をモザイク調のピクセルアートにする「Pixelator (ピクセレーター)」を作ってみました。

海外のサイトで紹介されていた、オモチャのパーツを使ったiPad用ピクセレーターにヒントを得たもので、パーツが日本で入手できないため、LEGOで作ってみました。

使用したのは、

  • LEGOブロック(多数)
  • コピー用紙 2枚
  • iPad

の3つです。

LEGOを下の写真のように組み立て、ピクセレーターの格子を作ります。

3×3の正方形でひとつのピクセルとし、合計で5 x 7 = 35 のピクセルができることになります。

明るさなどを考えると白いピースのみで作るのがベストですが、今回は手元にあるもので済ませました。

作業に要した時間は約1時間です。

ipad_lego_pixelator_1.jpg

完成した格子は、iPadの画面部分より若干大きいサイズになります。

使用する際はこの格子の上下にコピー用紙を置きます。

ipad_lego_pixelator_2.jpg

適当な映像ソースをみつけ、iPadの輝度を最大にして再生します。

周囲を暗くすると、下のような画像が表示されます。

ipad_lego_pixelator_3.jpg

ブロックで区切られた映像が、コピー用紙を通ることで色と明るさが平均化され、ひとつの大きなピクセルのように見えるようです。

ipad_lego_pixelator_4.jpg

実際に動かしている動画がこちら。若干暗いですが、ピクセレーターっぽい効果が得られていると思います。

LEGOではなく、乳白色または半透明の樹脂製パネルを使用すると、より美しいピクセレーターができると思います。

材料と時間のある方はぜひお試しを。