buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_0.jpg

バッファローから発売された、iPhone・iPod touch・iPad用のワンセグチューナー『ちょいテレi DH-ONE/IP
』を購入してみました。

充電・同期を行う「Dockコネクタ」に直接挿して使うはじめてのタイプのワンセグチューナーで、以下のような特徴があります。

  • Wi-Fi接続など設定無しに、ドックに挿すだけで使える
  • バッテリーを内蔵し、iPhoneなどの電池を消耗しない
  • 軽量・コンパクトで持ち歩くのに便利
  • 番組表・字幕に対応した専用の視聴アプリ(無料)を使用

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_1.jpg

パッケージには、ワンセグチューナー本体の他に、内蔵バッテリーの充電に使用する、USB-microBケーブルが付属します。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_2.jpg

ループ状のヒモのようなものは受信用のアンテナで、引っ張ったり無理に曲げないよう、警告が付いています。

ドックから外す際に引っ張りたくなる形状なので、家族で共有する場合や人に貸す際は、注意が必要でしょう。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_3.jpg

iPhone・iPod touch・iPodに挿すためのドックコネクタの部分。

よく見ると、周囲が標準の充電ケーブルと同じ型に盛り上がっており、ケース類との干渉に配慮したデザインになっています。

全てのケースと互換性は保証できませんが、薄型のタイプであれば併用が可能と思われます。純正のバンパーは問題ありませんでした。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_4.jpg

反対側には、内蔵バッテリーを充電するためのUSBポートがあります。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_5.jpg

充電中はLEDが赤く点灯し、完了すると緑に変わります。

充電に必要な時間はおよそ2時間。満充電の状態で約2時間半の視聴が可能とのこと。

充電時間が長くなるものの、テレビを視聴しながらでも充電が可能なので、2時間半以上の長い番組を観ることもできるようです。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_6.jpg

番組の視聴には、App Storeで無料で配布されているアプリ『ちょいテレi』が必要なので、事前にダウンロードをしておきます。

チューナーをドックに挿すと認識され、自動でアプリが起動します。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_7.jpg

初回のみ地域設定が必要ですが、あとは文字通り挿すだけテレビを視聴できるようになります。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_8.jpg

専用の視聴アプリ『ちょいテレi』は、iPhone・iPod touchだけでなくiPad用にもデザインされたユニバーサル対応のアプリです。

ドックコネクタを通してチューナーを認識し、バッテリー切れや外した場合には、警告を表示します。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_9.jpg buffalo_iphone_oneseg_DH-10ONEIP_10.jpg

初回(または移動した場合)には、チャンネルの設定を行います。

地域を指定、または電波をスキャンする、のどちらかを選択することが可能。この辺りは一般的な携帯やテレビの設定と同じです。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_11.jpg buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_12.jpg

iPhone・iPod touchでは、横画面のみ対応。

詳細モードでは、チャンネルのリストおよび番組名と内容が表示されます。

バッテリーの残量とアンテナの受信状況は、画面右下で確認できます。

buffalo_iphone_oneseg_DH-10ONEIP_13.jpg

映像をタップすると、フル表示画面に切り替わります。

画像が粗いように感じられるのは、解像度が最大320×240というワンセグの仕様によるものです。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_14.jpg

iPad版は縦および横の両方に対応。

映像の表示モードを、1倍・2倍・横幅に合わせる・フル画面、と切換えることもできます。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_15.jpg

9.7インチの画面でワンセグを表示しているので、さすがに近くでみると粗さが目立つので、少し離れて観ることをおすすめします。

iPadは内蔵のスピーカーの音質が良いので、液晶テレビのように利用できます。

buffalo_iphone_oneseg_DH-ONEIP_16.jpg

iPhoneがあればインターネット経由でほとんどの情報を入手できますが、スポーツイベント・ニュース速報・停電時など、テレビが貴重な情報源となることもあります。

軽量・コンパクトで持ち運びしやすく、カバンに入れておけば、いつでも取り出して直ぐに観れるので便利ではないでしょうか。

製品名 BUFFALO ちょいテレi DH-ONE/IP
製造 バッファロー 
サイズ・重量 30 x 12 x 45 (mm)、約20g
ショップ アマゾン
/ 楽天 / バッファロー・ダイレクト
参考価格 7,970円 (税込)