iFixit社が、iPhone 4の中身が透けて見えるような壁紙画像を公開しています。[source: iFixit
]

iFixitはiPodやMacの修理サービスを提供する会社ですが、最近ではアップルの新製品を発売後いち早く分解・分析を行うことでも知られています。

恒例となりつつある透けてみえる壁紙画像は、iPhone 4の内部を実際に撮影したもので、めったにお目にかかれない中身をみることができます。

ifixit_iphone4_wallpaper_1.jpg ifixit_iphone4_wallpaper_2.jpg

バッテリーが画像のおよそ5分の3ほどを占拠し、その隙間にロジックボードが追いやられるように収納されています。

左上に見える大きなチップはサムソン製のフラッシュメモリ。

iPhone 4の頭脳となる「A4 プロセッサ」は、ロジックボードの裏面に配置されているため、残念ながらみることができません。

ホーム画面の壁紙に使用すると若干見辛くなるのが難点ですが、ロック中の画面用に使うとよいかもしれません。

【リンク】 iFixit – iPhone 4 Internal Wallpaper

既に公開されている、iPhone 3G、iPad版は下の「関連するエントリー」からどうぞ。