atomic_floyd_hidefdrum_0.jpg

フォーカルポイントコンピュータから、「Atomic Floyd」ブランドのiPhoneの通話に対応したイヤフォン『HiDefDrum AcousticSteel
』を評価用に提供頂きました。(読者プレゼントあり)

アップルストア福袋に採用された英国のイヤフォンブランド

Atomic Floyd」は、フィリップス社で10年間ヘッドフォンのデザインに携わっていたエンジニアが立ち上げたイギリスのブランドです。

ブランドとしての歴史がまだ浅く、私自身も今年のアップルストア恒例Lucky Bag(福袋)に採用されるまであまり意識していませんでした。

現在はヨーロッパと日本でのみで販売されており、素材へのこだわり、高い性能とスタイリッシュなデザインで、すでに高い評価を得始めているようです。

宇宙食(?)でも入っていそうな外装を開けると、赤と黒のパッケージが姿を表します。

atomic_floyd_hidefdrum_1.jpg

今回試したのは、iPhoneの通話・リモコンに機能を備えた『HiDefDrum AcousticSteel
』というモデル。

パッケージに鎮座した姿からもステンレスの重厚感と高級感が伝わってきます。

atomic_floyd_hidefdrum_2.jpg

付属品はケース、3サイズのイヤーチップに加え、標準プラグと飛行機で使えるフライトアダプターが含まれます。

atomic_floyd_hidefdrum_3.jpg

とくにケースがよく考えらたデザインで、中央が膨らんだ円形でかさばらず、『HiDefDrum AcousticSteel』がピタリと納まります。

このクラスのイヤフォンになると大切に扱いたくなるので、使いやすいケースが付属しているのは嬉しいポイントです。

atomic_floyd_hidefdrum_10.jpg

こだわり抜いた素材とデザイン

Atomic Floydの特徴は、使用している素材を厳選し、デザインにも相当なこだわりが感じられるというところです。

イヤフォンの本体には独自の「AcousticSteel™」というステンレスを採用。通常数時間で済ませる焼き入れを10時間かけて行い、薄さと耐久性を両立させているそうです。

とはいえ、金属の塊であるためそれなりの重みがあり、女性やカラダの小さな人の耳には負担に感じるかもしれません。

atomic_floyd_hidefdrum_4.jpg

ドライバーには、13.5 mm
ネオジム・レアアースマグネットを採用。

ステンレスのハイライン加工、グリップ部分の削り出しの部分などは、アップルのアルミ製品にも負けない美しさがあります。

atomic_floyd_hidefdrum_5.jpg

イヤフォンが左右に分岐している部分にマイク及びリモコンが配置されています。

リモコン・マイクがちょうど胸元にくるため、ちょっとしたアクササリーに見えないこともありません。

中央のボタンを押すことで、iPhone標準のリモコン付きヘッドフォンと同様に、通話の着信応答・終、iPodの再生・一時停止・曲送り・戻しができます。ボリュームボタンは無く、音量の調節は本体で行う必要があります。

atomic_floyd_hidefdrum_6.jpg

プラグには、サビなどによる伝送ロスや接触抵抗を最小限に抑える24金のメッキが施されています。

実際に耳で違いを聞き分けることは難しいと思いますが、音質を高めるために手間とコストを惜しまないという姿勢に安心感を覚えます。

atomic_floyd_hidefdrum_7.jpg

ケーブルはケブラーを編み込んだファブリックでOFC(無酸素銅)を覆ったもので、サラサラとした手触りが心地よく、上級の質感があります。

iPhone標準のイヤフォンのように絡み合うことがなく、また汚れが目立ちにくいという点でも優れています。

atomic_floyd_hidefdrum_8.jpg

標準のヘッドフォンで聞こえなかった音まで再生

実際に使い始めてみると、同じソースとは思えないほどガラリと音質が変わった、という印象を持ちます。

価格帯が違うため比較対象とするべき相手ではないかもしれませんが、iPhoneに標準のイヤフォンで1日過ごした後に『HiDefDrum AcousticSteel
』に切換えたところ、聴こえなかった音まで再生されているのに気付きました。

外出時は『Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic』、室内では『BOSE In-ear headset for iPhone』を使うことが多いのですが、その2つと比べても解像度が高く感じれます。

また、『Apple In-Ear』は低音が少し足りなく、『BOSE』は低音が強調され過ぎている傾向があるのに対し、低音から高音までのバランスが取れたより自然な音に聴こえます。

atomic_floyd_hidefdrum_11.jpg

イヤフォンは通勤通学で毎日のように持ち歩くと断線などが起きやすく、ある意味消耗品でもあります。

この『HiDefDrum AcousticSteel』は耐久性にも自信があるようで、イヤフォンとしては珍しい2年間の保証が付いてくるので、気に入ったものは永く使いたい人には朗報ではないでしょうか。

atomic_floyd_hidefdrum_9.jpg

使い始めはガラリと音質が向上したことを体感できるのですが、数時間使用していると不思議とそれが普通に感じてきます。

一度良い音に慣れてしまうと元には戻れない、ということかもしれません。

iPhoneに標準のイヤフォンから買い替えを検討している方は、ぜひ候補に入れておくことをおすすめします。

製品名 Atomic Floyd HiDefDrum AcousticSteel
ドライバー 高解像度13.5 mm
ネオジム・レアアースマグネット
インピーダンス
(1kHz)
16Ω
周波数特性 5 Hz – 25 kHz
販売 フォーカルポイントコンピュータ
ショップ Amazon
/
楽天

/ フォーカルストア
価格(税込) 定価17,800円〜

読者プレゼント

フォーカルポイントコンピュータさんのご好意により、『Atomic Floyd HiDefDrum AcousticSteel
』を1名様にプレゼントいたします。

応募条件: iPhoneのユーザーまたは購入予定の方

応募方法:当サイトのTwitterアカウント  @touch_lab 宛に、

Atomic Floyd HiDefDrum プレゼントに応募

とつぶやいてください。応募はお一人様1回まででお願い致します。

締切: 2010年4月22日(木) 24時 (締切りました)

抽選:厳正なる抽選を行い当選者をTwitter上で発表。 @touch_lab
から当選者にご連絡し、住所等の確認後発送致します。