Withingsが昨年末に発売した、iPhone・iPod touch・Twitterとの連携が可能なWi-FI対応体重計『WiFi Body Scale』を購入、3週間ほど試してみました。

これまであまり体重を気にしたことがなかったのですが、年末年始の食べ過ぎで増加したため、健康管理のために試してみることにしました。

WiFi Body Scale』の特徴をまとめると、

  • Wi-Fiに対応し、体重・体脂肪率を自動でサーバーに保存
  • iPhoneアプリ(無料)と連携し、グラフ表示で変化を把握
  • 体重計とは思えないほどスタイリッシュなデザイン
  • 家族8人まで自動で判別してデータを記録
  • 共有設定でTwitterへ投稿が可能

などがあります。

 

とにかくスタイリッシュなデザイン

「Wi-Fi対応」と聞くと、ガジェット好き向けのマニアックな製品→見た目は二の次、というイメージありますが、この製品はそれをを良い意味で裏切ってくれるデザインです。

天板には角度によって表面が鏡のように反射するブルーがかったガラスを使い、本体の厚さはわずか23mmしかありません。

WiFi Body Scale』にはボタン類が一切なく、ひとが載ると自動で電源が入り測定を開始します。

白を基調としたパッケージもシンプルでまるでデザイン家電のようです。

withings_scale_0.jpg

本体の他に、以下の付属品が同梱されています、

  • USB-miniUSBケーブル
  • ウエストなどのサイズを測るメジャー(おまけ)
  • 単4形電池x4
  • カーペットなどの柔らかい場所用の脚

ケーブルは初期設定の際に使用するもので、家の中でWi-FIの電波が届く場所であれば設置場所を選びません

withings_scale_1.jpg

こちらは裏面(電池のフタを開けたところ)。

普段は眼にすることがない側ですが、シルバーとホワイトでまとめられたシンプルなデザインです。

写真では判別しにくいですが、中央にiPhoneを置くための「くぼみ」があります。この利用方法については後ほど触れます。

withings_scale_3.jpg

 

初期設定の方法は2つ

WiFi Body Scale』は、体重を計測する度に、Wi-Fiを経由してワイヤレスで情報をサーバーにアップロードします。

そのため、まず「Withing」のWebサイトでアカウントを登録し、体重計のWi-Fi設定が必要になります。

本体にボタン類がついていないため、

  1. USBケーブルでMac/PCに接続
  2. iPhoneのスピーカーから音を出す

のいずれかの方法で初期設定を行います。

USBケーブルを使う場合は、電池ボックスの横にあるminiUSBの差し込みから接続

Withing」のサイトにある体重計登録用ソフト(Mac/Windowsに対応)をダウンロードし、ガイドに従って設定をします。

電池ボックスの上にあるスイッチは「ポンド・キロ」の切り替え用です。

withings_scale_4.jpg

もう一方のiPhoneを使った方法では、Mac/PCを介さずにiPhone単体で初期設定を行うことができます。

withings_scale_5.jpg

体重計の裏側にある「くぼみ」にiPhoneを設置。

スピーカーから音を出して情報を転送するという、ローテクなのかハイテクなのか分からない手法を使っています。

Mac/PCがある場合は上記のUSBで行った方が確実なため詳しい手順は割愛しますが、試してみたい方は、こちらを参照してみてください。

【リンク】 週アスPLUS

 

 

 

 

体重管理はiPhone・iPod touchで

WiFi Body Scale
』で計測したデータは、Webサイトで確認が可能ですが、同社からiPhone・iPod touch向けの専用アプリ『WiScale
icon
』が無料で公開されています。

性別・生年月日・身長といった情報を入力しておくとことで、体脂肪率・BMIの計算も行われます。

withings_scale_7.jpg withings_scale_14.jpg

本体を横にするとグラフを表示。ピンクのラインは体重を表しています。

withings_scale_9.jpg

画面を上にフリックすると、体重(ピンク)と体脂肪率(黄色)のグラフを表示。

withings_scale_10.jpg

下にフリックすると、除脂肪率(100-体脂肪率)を表示します。

体脂肪率と除脂肪率は、パーセントまたは量(Kg)のいずれかで表示をさせることができます。

ダイエットというと体重と体脂肪率ばかりに目が行きがちですが、健康を維持する・太りにくい体質にするためには、除脂肪量を増やすことがキーとなるようです。

withings_scale_16.jpg

この『WiFi Body Scale』を購入して実感している最大のメリットは、健康に対する意識が変わったことでしょうか。

ほぼ毎朝体重を計るようになってから、習慣となっていた間食を控えるようになったり、少しでも体を動かそうと努力するようになりました。

体重計としては高い部類に入りますが、きちんと計測・記録することで家族全員の健康管理に役立つことを考えると、十分その価値があるのではないでしょうか。