blue_lounge_refresh_0.jpg

iPhoneや携帯電話、iPod・外部バッテリーやBluetoothヘッドセットなど、充電が必要なガジェットが増えてくると、デスクの周囲がケーブルやアダプタで雑然としがちです。

そこで、これらのガジェットをまとめて充電、デスク周りをスッキリと整理できるトリニティの『BlueLounge Refresh
』を購入してみました。

複数のiPhone・iPodを同時に充電する製品は『GRIFFIN PowerDock 4
』(レビューはこちら)などがありますが、この『BlueLounge Refresh
』の特徴は、iPhone・iPodだけではなく、携帯電話をはじめとする様々なガジェットを最大で6台同時に充電できるという点です。

充電したい製品が増えるにつれ、必要なACアダプター、コンセント、USBポートポートも増えていきますが、それらを1台(ACアダプター1つ)にまとめることができます。

本体の内部にある各種ケーブルを必要に応じて引き出し、デバイスを置くためのカバーを被せて使用します。

カラーは写真の「ホワイト」の他に「ブラック」「ピンク」があります。

blue_lounge_refresh_2.jpg

内蔵されている充電用のケーブルは、

  • iPod/iPhone (Dockコネクタ) x 2
  • au
  • docomo/SoftBank
  • miniUSB
  • USBソケット(メス)

の合計6本です。

2本あるDockコネクターは、アップル社が定める「Made for iPod」「Works with iPhone」の認証を受けているので、安心して使用することができます。せ

blue_lounge_refresh_3.jpg

なかでも重宝するのが、USBソケット(メス)のケーブルです。

市販されているUSB変換ケーブルを使用することで、PSP、Nintendo DS、デジカメなど、USBで充電できる製品にも対応させることができます。

blue_lounge_refresh_4.jpg

デバイスを置く場所は適度に傾斜しており、置いたまま操作ができるように工夫されています。

充電の進み具合をチェックしたり、受信したメールやSMSの確認など、充電を中断することなく行うことができます。

blue_lounge_refresh_5.jpg

そしてこの製品の最大の特徴は、6本のケーブルを組み合わせることで、実に様々な充電ニーズに対応させることができることです。

下は、iPhone・iPod nano・外部バッテリー『KBC-L3AS
』(レビューはこちら)を同時に充電している例です。

blue_lounge_refresh_6.jpg

こちらはiPhone・iPod touch・Bluetoothレシーバー『SONY DRC-BT30/W
』(レビューはこちら)の例。

blue_lounge_refresh_7.jpg

auおよびDocomo/SoftBankのケーブルもあるので、「iPhoneと携帯の2台持ち」という場合でも対応できます。

blue_lounge_refresh_8.jpg

MiniUSBを端子を使えば「Pocket Wi-Fi」のようなデバイスを充電することも可能です。

blue_lounge_refresh_9.jpg

下は、USBソケットを利用してDockコネクターを3個に増やし、iPhone・iPod touch・iPod nanoを同時に充電している例です。

もちろん、iPod touchの代わりにPSPやNintendo DSなど充電することも可能です(市販のUSBケーブルが必要)。

blue_lounge_refresh_10.jpg

ケーブル・ACアダプタ類をまとめてデスクをスッキリさせる用途はもちろん、デザインがスタイリッシュなため、インテリアとしてリビングに置いても違和感がないと思います。

また、「デバイスを充電する定位置」が決まることで、充電のし忘れが少なくなる効果も期待できます。

デスク周りのゴチャゴチャをスッキリさせたい方、充電忘れが多い方は、検討してみてはいかがでしょうか。

より多くのデバイスを同時に充電する場合は、サイズの大きい『BlueLounge サンクチュアリ
』もあります。

 

製品名
BlueLounge Refresh
オンラインショップ Amazon

/
楽天

/ トリニティ オンラインストア
メーカー トリニティ株式会社
サイズ・重量 242 × 51 × 140mm  約382g
購入価格 11,968円 (税込)