3g_20mb_limit_0.jpg

アップルが、3G回線でダウンロードできるiPhoneアプリのサイズを、これまでの10MBから20MBに拡大しています。

App Storeには数百MBに及ぶサイズのアプリも多く存在し、

  • 3G回線ではダウンロードに時間がかかる
  • キャリア(通信会社)のネットワークにかかる負担へ配慮

などの理由から、アップルは3G回線でダウンロードできるアプリのサイズを最大10MBとする制限を設けてきました。

今回その制限値が倍の20MBまで引き上げられたのは、来月に発売が予定されているiPadへの布石とする見方もあるようです。

写真などを多く含む雑誌などの場合は10MBを軽く超えることが予想され、ユーザーの利便性を考えた結果の変更、とみることもできます。

なお、20MBバイトを超えるアプリについては、これまでどおりWi-Fiを使うか、iTunesでダウンロードしてから同期を行う必要があります。