eggshell_iphone_case_0.jpg

TUNEWAREが昨年末に発売した薄型のiPhone用ケース『eggshell for iPhone 3GS/3G』を購入、使用してみました。

iPhoneの背面のみをカバーする薄型タイプのケースは、軽量でデザイン・操作性を損わないため人気があります。

このタイプではパワーサポートの『Air Jacket Set』が定番でしたが、トリニティからキズ防止加工を施した『クリスタルカバー』が発売されるなど、最近になって選択肢が増えてきました。

なかでも、今回購入した『eggshell for iPhone 3GS/3G』は厚さ0.8mm・重さ8.5gと、おそらく最薄・最軽量ではないかと思われる注目のケースです。

パッケージにはケース本体の他に、クリーニングクロス・液晶保護シート・ケーブルワインダーが付属します。

eggshell_iphone_case_1.jpg

とにかく「薄さ」が強調されているケースですが、手に取ってみると意外にしっかりしている印象です。

薄さもさることながら、同タイプのケースよりも軽いことがはっきりと分かります。材質は丈夫で軽いのが特徴のポリカーボネートを採用しています。

eggshell_iphone_case_2.jpg

Air Jacket Set』『クリスタルカバー』と薄さ以外で最も異なるのは、本体上部をフルにカバーするという点です。

eggshell_iphone_case_3.jpg

クリスタルカバー』(右)と並べてみたところです。

eggshell for iPhone 3GS/3G』(左)は大きく開口しておらず、より多くの面積を保護してくれます。

eggshell_iphone_case_8.jpg

ヘッドフォン・スリープボタンの周囲は適度にスペースが開いているのでジャマにはなりません。

SIMカードスロットは覆われてしまいますが、滅多に出し入れするものではありませんし、むしろ隙間からゴミやホコリが侵入しやすい場所なので(開けてみると驚くと思います)、返って好都合だと思います。

eggshell_iphone_case_4.jpg

もう一つの利点は、キズの付きやすいクロームベゼルの大部分を保護してくれるところ。

おそらく成型上の理由だと思いますが、同タイプのケースでは通常半分程度までしかカバーされていません。

しかしながら、これによってケースの取り外しが難しくなっています。先に音量ボタン側ではなく、ヘッドフォン・スリープボタン側からはめるのがコツのようです。

eggshell_iphone_case_5.jpg

本体の下の部分。

Dockコネクタやスピーカー・マイクがあるため大きく開口しています。

ケースを外す時は、こちらの角を順に持ち上げるようにすると楽です。

eggshell_iphone_case_6.jpg

本体ヨコのボタン類の部分。

マナースイッチの周囲が広くとられておらず、オンにする際にツメを使う必要があります。また、エッジの部分に多少引っかかりを感じます。この点は『クリスタルカバー』の方が優れいてるかもしれません。

eggshell_iphone_case_7.jpg

液晶保護シート・ドーナツ型のケーブルワインダーが付属します。

個人的には使うことがないと思うのですが、必要な人にとってはお得感があるかもしれません。

eggshell_iphone_case_9.jpg

とにかく薄くて軽いため、言われなければ手にとっても気づかないかもしれません。その割にしっかりとした造りをしています。

iPhoneのデザインをできるだけ損なわずキズから保護したい、という方にお勧めします。

製品名 eggshell for iPhone 3GS/3G
クリア

ブラック

ピンク
メーカー TUNEWARE
サイズ・重量 63.8 x 116.8 x 13.5 (mm) 約8.5g
価格 1,980 (税込)