phone_30_tethering_0.jpg

iPhone OS 3.0 ベータに新しく追加されている「テザリング」機能の動作画面が公開されているます。[source: MacRumors]

テザリング」は、先日の「iPhone OS 3.0 プレビュー」で明らかにされた新機能のひとつで、iPhoneの携帯ネットワークを利用してPC/Macのモデムとして利用することができます。

スクリーンショットによると、テザリングはUSB接続とBluetoothのいずれかを選択でき、バックグラウンドで動作させることも可能なようです。

phone_30_tethering_2.jpg

Bluetoothでの動作はワイヤレスという利点がある一方で、iPhoneのバッテリーの消費が懸念されます。利用する場面の電源状況などによって使い分けができそうです。

phone_30_tethering_1.jpg

テザリング」は携帯のネットワークへPC/Macを接続するため、帯域への負担増が懸念されます。この機能については、アップルもキャリアと調整中とコメントしています。ネットワークの増強などのコストが発生することは避けられず、日本での利用もソフトバンク次第となります。

キャリアとしては消極的にならざるを得ない機能ではありますが、ノートPC/Macを持っている人への強力にアピールすることができるため、戦略的な価格の有料オプションを設けることで、iPhone普及の起爆剤になる可能性もあります。

また、iPhone OS 3.0ベータのスクリーンショット公開はNDAに抵触する可能性があり、開発者の方は注意が必要なことはいうまでもありません。