ipod_touch_2G_1.jpg

9月11日に発表された第2世代iPod touchが、出荷・店頭での販売を開始しています。

発表当日にApple公式サイトで予約しておいたものが本日届いたので、画像を中心にレビューをしてみたいと思います。

第2世代となる新しいiPod touchの主な特徴は、

  • スピーカーを搭載
  • ボリューム調整ボタンを搭載
  • iPhone 3Gのような湾曲した背面
  • Nike+への対応
  • 低価格化

などです。

パッケージが紙製の箱からプラスチック製に変更され、コンパクトかつスタイリッシュになっています。

ipod_touch_2G_2.jpg

電源が入っているようにみえますが、実はホーム画面がプリントされた保護フィルムで、剥がしてから使うようになっています。

ipod_touch_2G_3.jpg

iPod touch はケースの中の台座のようなものに収まっています。

背面がカーブし、淵の部分が薄いので、横からみるとほとんど厚さが無いようにみえます。

ipod_touch_2G_4.jpg

背面は美しく湾曲した鏡面仕上げのステンレスで覆われています。

スペック上のサイズは初代とほとんど変わっていませんが、この湾曲のおかげでかなり薄くなったような印象がします。

手に持っていると、iPhone 3Gの半分以下に感じるほどです。

ipod_touch_2G_5.jpg

iPhone 3Gとほぼ同じ場所にボリューム調節ボタンがあります。

ipod_touch_2G_6.jpg

初代では、本体のフチの部分とコネクター周辺は背面とは別のパーツ(アルミ)でしたが、第2世代では1つのパーツで構成され、よりシンプルで美しいデザインになっています。

新たに追加されたスピーカーはDockコネクタのさらに奥にあり、iPod touch全体から音が出ているように聞こえます。Dockコネクタを指で塞いでも音量にあまり変化はありませんでした。

ipod_touch_2G_7.jpg

スリープボタンは初代と同じ位置、つまりiPhoneとは逆の本体左上にあります。

ipod_touch_2G_9.jpg

ボリュームボタンのアップ。最大音量はiPhone 3Gよりも少なく、低音がやや弱いようです。

ipod_touch_2G_16.jpg

第2世代()と初代()を並べたところ。サイズやホームボタンはほとんど同じですが、デザインは格段にスタイリッシュになったように感じます。

写真には映っていませんが、iPhone 3Gと同様の暖色系の液晶が採用されています。

ipod_touch_2G_14.jpg

スペック上のサイズはほとんど同じ2台ですが、背面がカーブしている分、第2世代の方が体積が少なくなっています。手に持った感触がかなり薄く感じられるのは、この体積の差のためかもしれません。

初代の方にかなりキズがついているのは、ケースに入れずに使っていた時期があるためです。

ipod_touch_2G_11.jpg

横からみたところ。1枚のステンレスで出来ている第2世代の美しさが際立ちます。

ipod_touch_2G_18.jpg

どの角度から見ても美しい筐体で、使わずに飾って置きたいほどです。(ちょっと大袈裟ですが)

ipod_touch_2G_10.jpg

初代のiPod touchで既に完成された域にあったデザインを、さらに進化させたアップルには脱帽といった感があります。

iPhone 3Gでは、ネットワークの受信感度を上げるため、背面に樹脂を採用したと考えられますが、iPhone 3Gユーザーが新しいiPod touchをみたら嫉妬しそうな美しさです。

また、初代iPod touchの最新ファーウェアが2.1(5F137)なのに対し、このiPod touchは2.1.1(5F138)が入っていました。目に見える違いは、設定にNike+の項目がある以外にはみつかりませんでした。(Nike+のレビューは後日お届けします)

 

モデル  

iPod touch 8GB

 

 

iPod touch 16GB

 

 

iPod touch 32GB

 

曲数
1,750曲

3,500曲

7,000曲
サイズ
110 x 61.8 x 8.5 mm
重量
115g
付属品
イヤフォン、USBケーブル、Dockアダプタ、ポリッシングクロス
定価
27,800円
35,800円
47,800円
販売