Kabu.comカブドットコム証券株式会社は、7月11日の iPhone 3G 日本発売にあわせ、 iPhone・iPod touch に対応したWebアプリケーションの提供を始める、と発表しました。


kabu_com_1.jpg

カブドットコム証券ではこれまでも、携帯サイトやモバイルサイトなど、マルチチャンネルの対応を得意分野としてきましたが、今回の7月11日のiPhoneの発売に伴い、iPhone、ipodTouchに最適化されたWebアプリケーションを提供してまいります。

kabu_com_2.jpgまた、Webアプリの提供に加え、SDK を使ったNativeアプリも開発中とのことです。

Native アプリとは、iPhone・iPod touch にインストールして使うアプリケーションのことで、ブラウザ上で動くWebアプリに比べ自由度が高く、優れた操作性を備えたソフトの開発が可能です。

証券会社の中では、既に松井証券iPhone・iPod touch で使えるサービスの提供を始めていますが、Nativeアプリの提供を発表したのはカブドットコム証券が初の事例となります。

今後、他の証券会社、金融・サービス各社が追随するのかが注目されます。