iphone_prices1.jpgソフトバンクモバイル
が、7月11日発売予定の「iPhone 3G」の料金体系を発表しました。

本体、通話・通信料ともに、事前の予想を下回る、戦略的な価格設定となっています。

 

携帯電話本体の価格

新規契約で新スーパーボーナス(24回分割)で購入する場合、

  • iPhone 3G 8GB (ブラックのみ) – 月額 960 円 (x 24 = 総額 23,040 円)
  • iPhone 3G 16GB (ブラック・ホワイト) – 月額 1,440 円 (x 24 = 総額 34,560 円)

となります。

米国での価格が8GB、16GB、それぞれ、$199、$299であることをからみても、ほぼ同額に抑えられています。

 

通話・通信サービスの価格

iPhone 3G」用に、「ホワイトプラン(i)」を新設。1~21時までソフトバンク宛て国内通話無料と、同じく新たに開始する専用のメールサービス「Eメール(i)」を月額980円で提供。

データ通信は、「パケット定額フル(月額 5,985円)」と「S!ベーシックパック(i)(月額 315円)」の加入を「iPhone 3G」利用者に対し必須とします。

合計すると、

980円 + 5,985円 + 315円 = 7,280 円(/月)

となります。 

 

通話とパケットし放題が8GBバージョンで月額 8,240円

上記を合計すると、

  • iPhone 3G 8GB – 月額 8,240
  • iPhone 3G 16GB – 月額 8,720

となります。

サービスプランは、「ホワイトプラン(i)」の他にも、「ブループラン(i)」「オレンジプラン(i)」を用意。用途にあわせて選択することが可能になっています。

また、「留守番電話サービス(i)」「割込通話」「グループ通話」を3つのオプションサービス(合計月額735円)パックにした、「基本オプションパック(i)」を月額498円で提供する、とのことです。

 

ADSL、携帯電話と価格を前面に打ち出した戦略をとってきたソフトバンクらしい、非常に戦略的な料金プランとなりました。

ソフトバンク各店舗では既に予約が相当数入っているようですが、今後ますます勢いがつくことが予想されます。初期出荷分にプレミアが付く、ということもあるかもしれません。