belkin_arm_1.jpg

単調でつまらないジョギングやワークアウトも、好きな音楽を聴きながらだとずっと楽しくできるものです。

最近、しばらく休んでいたジョギングを再開したので、走りながら iPod touch を使うのに便利な、『Belkin iPod touch NEOPRN ARMBAND DUAL FIT』を購入してみました。

 

ネオプレン製で非常に軽量

belkin_arm_2.jpg

手にとってみて最初に感じるのは、見た目以上に軽いことです。ネオプレンという素材でできているようで、試しにキッチンスケールで測ってみたところ39gしかありませんでした。

作りはしっかりしていてチープな感じはしません。開封後しばらくは、この手の製品特有のケミカル臭がありました。

iPod touch の液晶がくる部分は透明な厚めフィルムでカバーされます。周囲を囲んでいるグレーのラインは、夜間のジョギングなどでの安全確保に配慮し、光を反射するようになっています。

 

iPod touch にぴったり。iPhone はきつめ

belkin_arm_4.jpg

背面にあるスリットから iPod touch を入れますが、サイズがぴったりなので強めに押し込む必要があります。

ケース(特ににシリコン)に入れて使っている場合は、いったんケースをはずさないと入らないと思います。先日レポートした『クリスタル Air ジャケット』は辛うじて着けたままで入れることができました。

belkin_arm_7.jpg

きつめではありますが、iPhone も入れることができました。よく見ると、パッケージに、”For iPhone or iPod touch”、と書いてありました。

belkin_arm_6.jpg

フタが無いので上端が見えてしまいます。雨の日のジョギングには使わないほうが無難かもしれません。素材自体は防水で手洗いが可能とのことです。


belkin_arm_5.JPG

ヘッドフォンジャック用の穴が開いているので、本体をケースに入れてからヘッドフォンを挿します。

belkin_arm_8.jpg

カバーは透明で視認性は良好です。しかしながら厚すぎて操作性は良くありません。もしかすると、iPod touch に液晶保護フィルムを張っているため、2枚のフィルム越しにタッチしているせいかもしれませんが。

 

あらゆる太さの腕に対応。走るには違和感あり

belkin_arm_3.JPG

名前に『Dual Fit』と付いているとおり、腕の太さに合わせてバンドを2段階(A と B)に調節できます。さらにベルクロ(マジックテープ)で微調節をすることが可能です。海外の製品は日本人には合わなかったりするので嬉しい機能ですね。(アメリカでは私の太ももくらいの腕をした人がゴロゴロいますし)

最初に装着した時は、「血圧計をつけているような締付け感」、がありましたがすぐに慣れました。

むしろ気になるのは、iPod touch 自体の重さ(約120g)です。とくに走っていると、左右の腕の振りが均等でない気がしてなりません。ウォーキング程度ではさほど気になりませんでした。

 

「ワイヤレスでジョギング」は快適

このケースにはヘッドフォンジャック用の穴はありますが、Dockコネクタの部分は覆われています。

Bluetooth の使用は素直に(?)諦め、ヘッドフォンで使っていました。ところが数日後、 

touch を逆さまにすればいいんだ!!”

ということを発見、というかやっと気がつきました。元々フタがないので、逆からケースに入れ、Bluetooth アダプタをはみ出させればいいだけでした。

belkin_arm_9.jpg やはりコードを気にしなくていいのは快適です。『Motorola S9』は振動でズレないので、走ることと音楽に集中できます。(Bluetooth アダプタと Motorola S9 レポートはコチラ

 

まとめ

製品自体は良くできていてリーズナブルな価格だと思います。しかしながら iPod touch の重さを考えると、ジョギングをよくする人は、6,000円程度で『iPod shuffle 1GB』が買えることを考えると、そちらのほうが賢明かもしれません。

iPhone iPod touch が「Nike + iPod」に対応するという情報もあるので、しばらくはこれを使おうと思っています。

 

商品名: 『iPod touch NEOPRN ARMBAND DUAL FIT
メーカー: BELKIN
価格: 2,500円程度