ビリヤードを進化させた「Roll Quest」~今日のアプリ第113回

Roll Quest

今日のアプリ「Roll Quest」は、ビリヤードをベースにした新しいゲームです。

プレイの基本はビリヤードと同じですが、テーブルの形状やポケットの位置がステージが進むごとに変化していきます。

アップル、iPod touchのビデオガイドを追加

アップルが、”1月のソフトウェアアップデート”のビデオガイドを追加しました。
upgade_video.jpg

アップデートがリリースしてから結構時間が経っていますが、ビデオガイドは本日追加されたようです。

【リンク】 iPod touch ビデオガイド

ほとんどのiPod touchユーザはこの有料(2,480円)アップグレードについてご存知とは思いますが、アップグレードを未だ検討中の方には追加される機能が詳しく解説されているので一見の価値があると思います。

iPhone SDK発表~アップルがイベントの模様を公開

本日のiPhone SDKの発表が行われたイベント、”iPhone Software Roadmap”の動画がアップルより公開されています。

iPhone_sdk_6.JPG

動画はイベントの全編を収録したもので、1時間以上もありますが見所が満載です。

英語なのが残念なところですが、「iPhone Simulator」、タッチスクリーンと加速度センサーを使ったゲーム(アップルのエンジニアが2日で作ったそうです)など、開発者でなくても楽しめるデモンストレーションが多く含まれています。

興味のある方は時間のあるときにご覧になってはいかかでしょうか?

【リンク】
Apple March 6 Event

 

iPhone SDK発表~アプリの配布は「App Store」から

3rdパーティ製のiPhone・iPod touch向けアプリは、「App Store」からダウンロード・インストールを行うことが発表されました。(元記事:Engadget

app_store.jpg

今年6月にリリースされるSDKにあわせて、iPhone・iPod touch のファームウェアがv2.0にアップグレードされ、「App Store」アイコンが追加されます。

 

iPhone SDK発表~SDKベータをリリース、正式版は6月

iPhone SDKのベータ版は即リリース、正式なバージョンは6月にリリースと発表されました。

iPhone_sdk_3.pngベータ版SDKはADC(Apple Devepper Connection)メンバーよりダウンロードが可能です。(ユーザ登録が必要)

 

iPhone SDK発表~企業向け機能を強化

先日のアナウンスの通り、米アップル社は日本時間の本日午前3時より”iPhone Software Roadmap”を開催、iPhoneのSDK(ソフトウェア開発キット)についての発表を行いました。

iPhone_sdk_1.jpg

Engadget がイベント会場よりライブで詳細な情報を提供しています。(写真:Engadet より引用)

最初に取り上げられたのは、iPhoneのEnterprize(企業)内顧客をターゲットにした機能の強化です。

 

駅探ラボ、iPod touch用Nativeアプリを開発中

株式会社駅前探険倶楽部が、公式SDKを利用したNative(ネイティブ)アプリ 「駅探エクスプレス iPod touch版」の開発を行うことを発表しました。(プレスリリース)

同社駅探ラボからデモ映像が公開されています。

iPhone・iPod touchから「Tumblr」~今日のアプリ第110回

Tumblr iPostr

今日のアプリ「Tumblr iPoster」は、iPhone・iPod touch から『Tumblr』へのアップデートができるWebアプリです。

Tumblr』は簡単に言ってしまうと、”ミニブログツール”、となるのですが、ウェブクリッピングツールでもあり、SNSサービスな面も持つサービスです。

インターフェースがシンプルなことから、敷居が低く簡単に始めることができます。PC版に用意されているブックマークレットが便利なので、訪れたサイトの気になった画像や文面などをクリップしておくのに優れています。

【レビュー】BUFFALO iPod touch 用ソフトケース

softcase_1.jpg

iPod touchを裸で使っている人向け(?)の『BUFFALO iPodタッチ用 ソフトケース』を使ってみました。

 

IPアドレスから住所を調べる!?~今日のアプリ第109回

GeoMapLookup

今日のアプリ「GeoMapLookup」は、IPアドレス・ドメイン名から住所を割り出して”マップ”アプリでその場所を表示する、というWebアプリです。

IPアドレスとドメインから必ず住所が特定できるわけではありませんが、なかなか面白い試みではないでしょうか?