iPhoneをサイケデリックなインテリアにする「iLava」 – 今日のアプリ第304回

iLavaLava Lamp (マグマランプ)」というインテリアをご存じでしょうか?

iLava60年代後半から70年代にかけてアメリカで流行したインテリアで、現在でも東急ハンズビレッジヴァンガードなどの雑貨店などでみかけることがあります。

比重の違う2つの液体[水をベースとした溶液と蠟(ろう)]が入った透明な容器を、下部の電球で暖めることで、溶岩(lava)のように鑞が浮き沈みを繰り返すという仕組みになっています。

今日のアプリ『iLava
icon
』は、そんな眺めているだけで楽しいランプを物理エンジンを使って再現したバーチャル・マグマランプです。

本格コンバット・シューティングゲーム「ブラザーインアームズ」 – 今日のアプリ第303回

ブラザーインアームス『ブラザーインアームス(BIA)』は他のゲームコンソールやPC版でヒットした作品なので、知っている方も多いかもしれません。

ブラザーインアームズ第2次世界大戦を舞台にしたファースト・パーソン・シューティングゲーム(FPS)で、ノルマンディー、アルデンヌ、チュニジアでで作戦に参加します。

他のコンソールでのプレイ経験はありませんが、リアルな3D描画とサウンド効果で実戦の緊張感が伝わり、なかなか上手く移植されています。

アップル、2008年版App Store年間トップランキングを発表!

2008_top_apps_0.jpg

アップルが、2008年のApp Storeランキング、『トップ有料アプリケーション』と『トップ無料アプリケーション』を発表しています。

【iTunes リンク】 2008 App Store トップ・ランキング
icon

iPhoneで遊べるRPGの名作「Rogue」 – 今日のアプリ第302回

Rogue始めて「Rogue」をプレーしたのは20年以上前。確かCP/Mを入れたシャープX1上だった気がします。(PC-8801だったかも)

Rogue

ちょっと大袈裟かもしれませんが、後にも先にもこの「Rogue」ほどハマったRPGは他にありません。

“懐かしい”と思うひとはきっと、右のスクリーンショットようなキャラクターベースの画面と何十時間、いや何百時間も睨めっこしたことでしょう。

ドラマよりも小説の方が想像をかき立てられるように、Rogueをプレーしていると、簡素な画面の向こう側に延々と広がるダンジョンにワクワクしたり、全身に鳥肌が立つほどの恐怖を覚えたこと思い出します。

アップル、iPhone 3Gの新CM「Lonely Planet」を放映

iphone_cm_lonely_1.jpg

アップルがiPhone 3Gの新しいCM、「Lonely Planet」を放映しています。

【リンク】 Apple CM ギャラリー

App Storeのアプリがついに10,000本を突破!!

10000apps.jpg

7月11日にスタートしたiPhone・iPod touch用をアプリ配布する「App Store」の登録数がついに10,000本を突破、148apps.comが10,000個のアイコンを並べた記念サイトを公開しています。

【リンク】 148apps.com

iPhone 2.2.1は「Push Notification Service」に対応か!?

221_push_rumor.jpg

ロシアのサイトRussianiPhone.ruが、iPhone 2.2.1で「Push Notification Service」がサポートされる、との情報を掲載しています。[source: MacRumors]

スヌーピーと仲間たちをiPhoneの壁紙にできる「Peanuts Wallpaper」 – 今日のアプリ第301回

Peanuts Wallpaper漫画『Peanuts』に登場するスヌーピーは世界中にファンを持っていますが、とくに日本で人気が高く、キャラクターグッズの売上げの4割は日本だそうです。

ほのぼのとしたストーリーと個性のある登場人物で、”癒し”を求める日本人にピッタリなのかもしれません。

Peanuts Wallpaper

今日のアプリ『Peanuts Wallpaper
icon
』は、そのスヌーピーと仲間たちの壁紙用の画像を収録したアプリです。

iPhone・iPod touchの壁紙として登録すれば、電源を入れるたびに好きなキャラクターが出迎えてくれます。

iPod touchで絵文字を使う方法〜その2

touch_emoji2_0.jpg

iPod touchで絵文字を使う方法」では、連絡先へ絵文字を登録することで、iPod touchで本来不可能な絵文字を入力する方法を紹介しました。

その後、同じ原理を使いながら、これとは別にさらに便利な方法が公開されていました。

【リンク】 [iPhone SDK] 綺麗に「ふりがな」を振った絵文字アドレス帳

iPhoneで愛車のパフォーマンスを計測する「Dynolicious」 – 今日のアプリ第300回

Dynolicious文化や生活習慣が違うと使うアプリも異なるようで、他国のApp Storeを覗いてみると日本とは違うアプリが注目を集めていることがあります。

Dynolicious

今日のアプリ『Dynolicious
icon
』もそのひとつで、車社会のアメリカでは非常に人気のあるアプリです。

加速度センサーを使って車のパフォーマンスを計測するというもので、G(重力加速度)はもちろんのこと、km/h(速度)やhp(馬力)や1/4マイルラップまで測定できる、とされています。

iPhone/iPod touchでそこまで出来るのか半信半疑でしたが、米国のApp Storeで良い評価を得ているとおり、思いのほか正確に計測できるアプリでした。

最新のエントリー

最新のレビュー