Appleが、ユーザー向けに純正パーツや修理マニュアルを提供する「セルフサービスリペア (SSR)」発表しました。

「セルフサービスリペア (Self Service Repair:以下SSR)」は、自ら製品の修理を行うことに抵抗のないユーザー向けに、純正パーツ・ツール・修理マニュアル等を提供。

SSRは、来年の早い時期にiPhone 12・iPhone 13シリーズを対象として米国内で開始。その後、M1チップ搭載のMacを追加し、2022年中に他の国々へと拡げるとのこと。

ユーザーは、Apple Self Service Repair Online Storeで、iPhoneの一般的な修理に必要な200以上の純正パーツやツールを注文することができ、修理後に交換したパーツをリサイクル用に返送すると、購入に対するクレジット(割引)を受けられるとしています。

SSRは、iPhoneのディスプレイ・バッテリー・カメラから始まり、他の部品へと拡充させるとのこと。

海外では近年、環境問題への意識の高まりとともに「修理する権利」が注目されており、このAppleの取り組みは他社・他業種へも影響を与えると思われます。

【リンク】 Apple announces Self Service Repair