Appleが、WWDC2018の基調講演において、今秋にリリース予定の次期OS「watchOS 5」を発表しました。

「watchOS 5」の主な内容は次のとおり:

    • Competition
      • アクティビティを共有しているユーザー間で1週間の競争を行う
  • 新しいワークアウト、「ヨガ」「ハイキング」を追加
  • ワークアウト検出
    • 自動でワークアウトの種類を認識
    • ワークアウトの開始を忘れても、開始した時点からカウント
    • 終了を忘れても通知でお知らせ
  • ランニング・ワークアウトの新機能
    • ペースのアラート
    • ケイデンス(SPM)の表示
  • 「Walkie Talkie」(トランシーバー)
    • 接続しているユーザーへボタンを押しながら音声を送る「Podcast」アプリの追加
  • Walletによる「学生証」機能 – (対応する教育機関のみ)

新しい機能として注目される「Walkie-Talkie」は、かつて海外で話題となり国内では流行らなかったPTT(プッシュ・トゥ・トーク)を彷彿させます。

また、発表の多くがワークアウト関連に費やされているのみていると、やはりApple Watchのキラーコンテンツはフィットネス(健康維持)だった、という気がしてきます。

一つだけ残念なニュースは、「watchOS 5」で第1世代のApple Watchが対応モデルから外れること。Apple Watchのハードウェアは毎年かなり進化しているので、そろそろ買い換えててもよい頃ですが。

そのほかの詳細はAppleの「watchOS 5」のプレビューサイトをご覧ください:

【リンク】watchOS 5 Preview (日本語サイトは準備中)

なお、「watchOS 5」のベータ版は、本日より開発者向けに公開。一般ユーザー向けのパブリックベータも追って公開されると思われます。

基調講演のプレゼンテーション全編は下のサイトで公開されています:

【リンク】Apple Events