Appleの公式サイトに、Apple Watchの「アクティビティ」を解説した新しいセクションが追加されました。

この「リングを完成させよう」というタイトルのページでは、Apple Watchの活動量計機能「アクティビティ」の3つのリングについて詳しく説明されています。

「アクティビティ」は、外側から「ムーブ」「エクササイズ」「スタンド」の3つのリングからなり、目標値に対するその日の進捗度合いで、リングが完成していく仕組みになっています。

「ムーブ」はアクティブな消費カロリー、「エクササイズ」は運動を行った時間、を計測したもの。

一番内側の「スタンド」は、座り続けることによる健康への弊害に関する指標で、デスクワークなどが多い人はとくに意識したいリングです。

「アクティビティ」は、Apple Watchのユーザーからは「このリングのために毎日装着している」という声が聞かれる程よく使われている機能ですが、持っていない人にはあまり認知されていないかもしれません。

その他、条件に応じてバッジが貰えたり、イベントが開催されたりと、ユーザーが自然とアクティブになるように工夫されています。

Apple Watchに興味がある方は、この機会にぜひご覧ください。

【リンク】Apple – リングを完成させよう