Appleが、「iOS 11 パブリックベータ2」の配信を開始しました。

開発者向けにはすでに「ベータ3」がリリースされており、周回遅れ(?)の感がしないでもありません。

【追記】「ベータ3」と「パブリックベータ2」は同じビルドとのこと。

「iOS 11」の新機能を試したい方は、ベータテストに参加してみてはいかがでしょうか。

 

iOS パブリックベータの導入方法

パブリックベータは、リリース前のソフトウェアをパブリック(一般ユーザ)に公開し、幅広いテスター・環境からのフィードバックを得ることで、品質の向上を目指すプログラムです。

ベータ版は開発途中のソフトウェアのため、重大な不具合が発生する可能性があるため、試す際は予備のデバイス等の利用をお勧めします。

プログラムへ参加するには、iOSデバイスの登録、プロファイルをダウンロード、ベータ版のインストール、というステップが必要となります。

  1. パブリックベータのサイトにアクセスし、Apple IDでログインします。

2. プロファイルをダウンロードし、インストールします。

3. 「設定」からダウンロードとインストールをします。

不具合などは「Feedback」のアプリから送信できます。