Appleが、日本時間の6月6日未明に開催したWWDC17の基調講演で、「watchOS 4」を正式に発表しました。

新しいバージョンは、ウォッチフェイス(文字盤)の追加およびユーザーインターフェイスの改善等が行われています。

過去のメジャー・アップデートと比べて大きな変更はなく、期待された「サードパーティへの文字盤解放」も見送られたようです。

  • 新しいウォッチフェイス
    • 「Siri ウォッチフェイス」:自動で必要な情報を表示
    • 「Kaleidoscope (万華鏡)」
    • 「Toy Story」:Woody・Buzz Lightyear・Jessieの動く文字盤
  • 「アクティビティ」の改良
    • ポーソナライズされた通知
    • Monthly チャレンジ
    • 「ワークアウト」アプリの拡張・リデザイン
    • トレーニングジムのマシーンとの連携(Bluetooth)
  • その他
    • ミュージックのUI変更
    • 夜間のランニング用のセーフティ・ライト機能
    • Core Bluetooth (Bluetoothデバイスと直接連携)

「watchOS 4」のベータ版は、開発者向けに本日より公開され、一般向けの配信予定は今秋となっています。

【リンク】watchOS 4 Preview