アップルが、日本時間の6月6日未明に開催されたWWDC17の基調講演で、「iOS 11」を正式に発表しました。

iPhone向けの機能追加・改善が比較的小粒な一方で、iPad向けが例年になく充実している印象です。

主な変更点や次のとおり:

  • iMessage
    • ステッカーが使いやすいデザイン
    • Apple Payの個人間送金
    • ストレージ・バックアップの最適化
  • Siri
    • ディープ・ラーニングによる自然な発音(日本語の対応は不明)
    • 翻訳機能(ベータ):英語・中国語・フランス語・イタリア語・スペイン語。他の言語も対応予定
    • On Device Learning
  • Camera
    • ポートレート・モードの改善
    • 「Depth API」の解放
  • 写真
    • 写真を自動でまとめるスマートアルバム的な機能
  • 地図
    • ショッピング・センターのフロアマップ(対応都市のみ)
    • 空港のフロアマップ
    • ナビゲーションの車線ガイド
    • 制限速度表示
    • 通知を表示しない「運転中モード」
  • App Store
    • 大幅なデザイン変更 (ランキング中心からの転換)
  • その他
    • コントロールセンターのリデザイン(1ページ化)
  • iPad限定と思われる機能
    • Mac OSのようなドック(アプリのリスト)
    • ドラッグ&ドロップ
    • 新アプリ「Files」:ファイル管理機能。各種クラウド・ストレージに対応
    • QuickType:スワイプで記号や数字の入力が可能に
    • ドキュメント・スキャナー(PDF化)

iOS 11」のベータ版は、開発者向けに本日より公開され、一般向けの配信予定は今秋となっています。

【リンク】iOS 11 Preview