アップルが、サムソンディスプレイに対し、6千万枚の有機ELディスプレイを追加発注した、と報じられています (画像:Imran Taylor)。

The Korea Heraldによると、これらのディスプレイは次期モデル「iPhone 8 (仮称)」に使用されるとみられ、昨年同社が受注した1億枚とあわせると、合計で1億6千万枚になるとのこと。

モバイル端末向けの有機ELディスプレイの市場は、サムスンディスプレイが95%を占めていますが、LGディスプレイも来年のアップルからの受注を目指し設備投資を行なっている、としています。

これまでの情報によると、2017年秋のモデルラインナップは、

  • iPhone 8 (有機ELディスプレイ)
  • iPhone 7s (LCD)
  • iPhone 7s Plus (LCD)

の3モデル体制になるとみられ、最新の機能を搭載したiPhone 8は、価格が1,000ドル(約137,000円)を超えるとの情報もあります。

LCDに比べて高価な有機ELの採用も、その一因といえるかもしれません。

iPhone 8は、新ディスプレイの他にも、筐体にガラスを採用し、ワイヤレス充電に対応する、とされています。

これまでの情報はこちらをどうぞ。

【リンク】iPhone 8の情報・噂のまとめ