Appleが、建設中の新社屋を4月にオープンすることを正式に発表しました。

「Apple Park」と呼ばれる広さ175エーカー新キャンパスは、12,000名の従業員の収容。

従業員の移転は4月から約半年かけて行われるとのこと。

オープンする4月時点では社屋と敷地内は完成しておらず、建設工事は引き続き今夏いっぱい行われる予定。

Apple Part内の最も高い丘には、座席数1,000席のシアターが置かれ、Steve Jobs Theaterと命名されるとのこと。

シアターのオープンは今年後半が予定されており、もしかするとiPhoneの新モデルをお披露目する場所になるかもしれません。

下の動画はオープンを間近に控えたApple Partの様子。

宇宙船と例えられたデザインもさることながら、特筆すべきは徹底した環境への配慮で、屋上部分に17メガワット分のソーラーパネルを設け、使用する電力は100%再生可能エネルギーで賄うとのこと。

また、新社屋は自然換気型の建物として世界最大となり、1年のうち9カ月間は暖房も冷房も不要、というのは驚きです。